新型「超高級ミニバン」世界初公開! 最上級「Sクラス顔」採用したメルセデス「Vクラス」発表! 中型バンシリーズを独でモデルチェンジ

メルセデス・ベンツは新型ミディアムサイズバンシリーズを発表しました。各国で高級ミニバンとして展開される「Vクラス」をはじめ、商用バンモデルも刷新されています。

「Sクラス顔」採用で存在感強調!

 メルセデス・ベンツは2023年7月27日、新型ミディアムサイズバンをドイツ本国で発表しました。
 
 ミディアムサイズバンは日本でも展開されている乗用モデル「Vクラス」をはじめ、高級キャンピングカー「Vクラスマルコポーロ」「EQV」、商用モデル「ヴィト」「eヴィト」が属するシリーズです。

歴代初の「ボンネットマスコット」も装備
歴代初の「ボンネットマスコット」も装備

 Vクラスは1996年にデビューした商用バン「ヴィト」の高級モデルとして登場。日本では1998年に発売されました。現行型は3代目で2014年に発表されています。

 新型では、主にデザインや運転支援機能を刷新。

 エクステリアは、異型の大型ラジエーターグリルを装備して存在感を向上。最上級セダン「Sクラス」にも類似する迫力のあるものとなりました。

 乗用モデルでは一部グレードでグリル周囲にLEDライトを装備し、輪郭を強調するアクセントが取り入れられました。

 また、シリーズ最上級モデルとなる「Vクラス EXCLUSIVE」では歴代初装備となるボンネットマスコットを装着し、ステータス性を高めています。

 リアは新デザインのバンパー・LEDテールライトを採用。テールライトは光ファイバーで構成され、縦に光ることで高級感を演出しています。

 加えて、一部グレードではウインドウ下部に「Mercedes-Benz」のロゴを採用しました。

 インテリアでは、デジタルメーターやタッチスクリーンを備えた最大12.3インチのインフォテインメントシステム「MBUX」、スマートフォンのワイヤレス充電などを新たに設定。

 MBUXでは学習言語アシスタント「Hey Mercedes」が利用でき、最大7つのプロファイリングによって車両設定項目を記憶し、クルマを最適化できるとしています。

 また、デジタル化をはかったとともに、最新のメルセデス・ベンツに共通するタービンエンジンモチーフのエアダクトや新形状のステアリングを採用するなど、新型であることを視覚的に強調するといいます。

 運転支援機能では、クロストラフィック機能付き緊急ブレーキ、レーンキープアシスト、ブラインドスポットアシスト、ヘッドライトアシストなどが全モデルで標準装備。緊急ブレーキには新たに交差点での横断者や対向車などにも対応し、機能を高めています。

 なお、日本への導入やそれぞれのモデルの詳細情報は公表されておらず、発売時期が近づくにつれて発表されるとみられます。

メルセデス・ベンツ・Vクラス のカタログ情報を見る

【画像】めちゃ豪華! ほぼ”ホテル”な内装の「Vクラス」を画像で見る(40枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー