アッチィ!! 「夏の車内」はまさかの“70度”超え!? 1時間放置でどこまで暑くなるのか実験してみた

最近、気温もぐんぐん上がり、本格的な夏がスタートしています。そんな夏の車内は、少しでもエアコンを止めると一気に暑くなります。では、実際にどのくらい暑くなるのでしょうか。くるまのニュース編集部は、車内でも最も温度が高くなるダッシュボードの上で気温がどのように変化するかを測定するために、実験をしてみました。

1時間でダッシュボードの温度はどこまで上昇するのか

 2023年7月12日には東京・八王子でも39.1℃を記録するなど、日に日に気温もぐんぐん上がり、本格的な夏がスタートしました。そんな夏の車内は、少しでもエアコンを止めると一気に熱くなります。
 
 では、実際にどのくらい暑くなるのでしょうか。くるまのニュース編集部は、車内でも最も温度が高くなるダッシュボードの上でどのように温度が変化するのかを測定するために実験をしてみました。

夏の車内はあっという間に高温となる
夏の車内はあっという間に高温となる

 実験を行った日の最高気温は37.8℃とうだるような暑さで、終日晴天でした。今回はそんな暑さのなか、フロントガラスから直射日光を浴び、気温上昇が最も高いとみられるダッシュボード上に温度計を置き、エンジンを切って1時間放置します。

 実験は、午前10:30と午後0:00(正午)の2回に分けて行い、温度計は、スマートフォンを用いて遠隔で気温を測定できる市販の機器を用いました。

 テスト車両は、トヨタのラージセダン「クラウン」(先代モデル)を使用しています。

 1回目の10:30スタートの実験では、それまでエアコンをかけていた車内でも、ダッシュボードの温度はすでに39.7℃。エアコンの風が当たらず、直射日光が降り注ぐダッシュボードの上はやはり車内でも高温のようです。

 5分経過するとダッシュボード周辺の気温は45.9℃になり、開始5分ですぐに6℃程上昇したことになります。そして開始から10分後は52.1℃、15分後は55.9℃とぐんぐん上昇します。

 さらに開始から30分後では61.3℃となり60℃を突破。45分後では64.5℃、実験終了となる開始1時間後では、67.9℃に至りました。

 もう一度エアコンをかけて車内を冷やし2回目の実験に備えます。

 午後0:00スタートの実験では、開始時ダッシュボード周辺の気温は40℃と、1回目とほぼ同等になりました。しかし開始5分後には51.3℃となり、一回目より素早い気温上昇です。

 そして、開始10分後は55.7℃、15分後は58.7℃、30分後は65.9℃、45分後は67.5℃とどんどん暑くなっていき、実験終了となる開始1時間後では72.5℃と、気温70℃を突破する結果となりました。

※ ※ ※

 車内の気温が70℃まで上昇すると、例えばアメやグミなどの飲食物はもちろん、石けんやろうそくなども溶けてしまうほどの高温で、人が室内に居続けることは不可能な状態です。

 今回の実験では1時間程放置しましたが、2012年8月22日・23日にJAF(日本自動車連盟)が行った実験では、外気温35度で午後0時から4時間放置した際、車内の最高気温は57度、ダッシュボードの最高温度は79℃にも上り、80度近い温度になったといいます。

 80度となると、もはや一般的な電子温度計では測定すらできなくなってくる領域となり、異常な暑さとも言えるでしょう。

 暑い日に、車内へ大事なものを「放置」することは、思わぬトラブルを招くことになりかねません。注意しましょう。

【画像】卵も焼ける!? “70度超え”の車内に放置した「モノ」の末路を画像で見る(18枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. どこぞの自動車雑誌が、自動車車内のダニが-、と記事にしてたよな?ダニは50度以上では生存できない.車内にダニはいません。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー