アンダー190万円でMTあり! コスパ最強の「ホットハッチ」が存在! 内装の“鮮烈レッド”も刺激的な「スイフトスポーツ」とは

スポーツカーをはじめとした様々なクルマの車両価格が上昇する現代でありながら、なんと190万円以下で購入でき、しかもMTを選択できるスポーティなモデルが存在しています。一体どのようなモデルなのでしょうか。

鮮烈なインテリアのホットハッチが存在!しかも安い!?

 スポーティかつ運転を楽しめるクルマが好きな人の中には、MT(マニュアル・トランスミッション)を駆使し自らの手でクルマを操りたいと考える人もいるでしょう。
 
 しかし、AT(オートマチック・トランスミッション)が圧倒的多数派と言えるほど普及した現在の日本市場では、スポーティかつMTを選択できるモデルは希少な存在となっています。

スズキ「スイフトスポーツ」 実はスゴい存在?
スズキ「スイフトスポーツ」 実はスゴい存在?

 また、そのような条件でクルマを探すと、代表的なモデルとしてトヨタ「GR86」やトヨタ「GRヤリス」、マツダ「ロードスター」などの名前が浮かびますが、今度は2ドアのボディや2人乗りという顧客を限定してしまうような要素によって日常での使い勝手が心配になったり、ハイパワーで走行性能が高い反面、車両価格が高額だったりと、様々な理由で購入を躊躇してしまう人も少なくないでしょう。

 さらに、過去のスポーティなモデルを探そうとしても中古車相場は高騰しており、かつて手頃だったモデルでも今では手が出しにくい状態が続いています。

 このような状況では、もう気軽に手に入れられるスポーティで楽しいクルマは無いのかと悲観してしまうかもしれませんが、そんな人にピッタリのモデルが存在します。しかも、国内メーカーが日本市場で販売しているクルマです。

 それは、スズキがラインナップするホットなハッチバック「スイフトスポーツ」。スズキのベーシックなコンパクトカーである「スイフト」をベースに、走行性能を高めた派生モデルです。

 もちろん“走り”のみならずエクステリアからインテリアのデザインまで通常のスイフトとの差別化が図られており、非常に魅力的な仕上がりになっています。

 スイフトスポーツのボディサイズは全長3890mm×全幅1735mm×全高1500mm。通常のスイフトよりわずかに大きい3ナンバーサイズとなるものの、十分に取り回し性の良いサイズを持ち、さらに5枚のドアと5人が乗れる座席が備えられているため日常での使い勝手も上々。

 フロントマスクやリアバンパー形状などには迫力のある造形が取り入れられ、スイフトスポーツがコンパクトカーでありながら、あくまでもスポーティな高性能モデルとして軸足を置いていることを明確に主張しています。

スズキ「スイフトスポーツ」はMTが選べる上にコスパも抜群!
スズキ「スイフトスポーツ」はMTが選べる上にコスパも抜群!

 また、内装にはスイフトスポーツ専用の赤いアクセントカラーを採用したパーツがインパネやセンターコンソール、アームレストなど随所にあしらわれ、運転時のドライバーの高揚感を効果的に高めてくれるスポーティなモデルらしい演出がなされています。

 スイフトスポーツのパワーユニットは、最高出力140馬力・最大トルク230Nmを発揮する1.4リッターターボエンジン。ターボを活かしたトルクフルなフィーリングはスポーツモデルにふさわしく、胸のすく加速を見せてくれます。

 これだけ魅力的な要素を備えたクルマでありながら、スイフトスポーツの6速MTモデルの車両価格はセーフティサポート非装着車であれば188万5400円と、200万円を下回ります。

 もし安全運転支援機能のセーフティサポートを装着しても202万8400円。全方位モニターカメラパッケージを加えても208万1200円と、まさに破格と言ってよい価格設定となっています。

 個性たっぷりのエクステリアと刺激的な色使いの内装を採用し、MTが選択できるのみならずコストパフォーマンスにも優れたスイフトスポーツは、現行モデル発売から5年以上経過する今なおクルマ好きを唸らせてくれる、魅力たっぷりのモデルと言えるでしょう。

スズキ・スイフト のカタログ情報を見る

【画像】アンダー190万円で6MTが手に入る!「スイフトスポーツ」を画像で見る(42枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー