ホンダ「新型セダン」初公開へ期待感高まる! “超イケ顔”な新型「インスパイア」の豪華内外装が動画で公開! 中国でまもなく登場か

2023年6月13日、ホンダと中国東風汽車の合弁会社「東風ホンダ」は、まもなく発表する新型「インスパイア」の動画を、同社の公式SNSアカウントで公開しました。この動画に対し、現地では「登場はまだ?」といったコメントが寄せられ期待が高まっている様子がみられます。

ホンダ新型「インスパイア」まもなく登場か

 2023年6月13日、ホンダと中国東風汽車の合弁会社「東風ホンダ」は、まもなく発表する新型「インスパイア」の動画を、同社の公式SNSアカウントで公開しました。

欧州の高級セダンにも負けない迫力感! ホンダ新型「インスパイア」
欧州の高級セダンにも負けない迫力感! ホンダ新型「インスパイア」

 インスパイアは、1989年に登場した「アコードインスパイア4ドアハードトップ」を起源とする4ドアセダンです。日本では5代目まで販売されていましたが、現在はラインナップされていません。

 現在、中国で販売される現行モデルは2018年に誕生した6代目です。2023年3月31日には、7代目となる新型インスパイアをまもなく発表するとし、ティザー画像を公開したほか、同年5月31日にはエクステリアとインテリアが全て明らかになりました。

 エクステリアは、大まかなシルエットは11代目アコードと同様ですが、「ZR-V」でも採用された縦型グリルを中心とした精悍なバンパーが備わり、まるで欧州の高級車のような雰囲気をまとっています。

 リアには、下部にディフューザー風のデザインがあしらわれたバンパーや控えめなリップスポイラーが装備され、さりげない大人なスポーティさを表現しています。

 インテリアは、白を貴重とした高級感のあるデザインです。公開された画像は、淡い水色のアンビエントライトが各所に配され上品な印象となっています。

 この新型インスパイアについては、2023年2月にも中国工業情報化部(通称、工信部)のサイトでボディサイズやパワートレインの一部などがわかっていました。

 これによるとボディサイズは、全長4979mm×全幅1862mm×全高1449mmで、リアトランクには「260 TURBO」と記載されていることから、パワートレインはL15CL型1.5リッター直列4気筒VTECターボエンジンが搭載されることが、判明していました。

 しかし、今回公開された動画では“e:PHEV”の文字が記載されているほか、給電口が映し出され、プラグインハイブリッドモデルが用意されることもわかります。

 また、ドアミラーに2つのカメラが仕込まれることや、大きなサンルーフ、BOSEのスピーカーが設定されることがわかります。

 この動画に対し現地のSNSでは、「早く!」「まだ?」といった早期の発売を期待する声が寄せられており、期待の高まりを感じられます。

 現在のところ具体的な価格など詳細は明らかになっていません。続報に注目です。

ホンダ・インスパイア のカタログ情報を見る

【画像】どこかでみたことある”縦グリル”がカッコイイ! ホンダ新型「インスパイア」を画像で見る(61枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. このように魅力的なモデルを紹介してくれてカッコいい!とか言われても日本で乗れないなら絵かいたモチでしかないし。
    仮にこのデザインをもっとカッコ良くしても今の日本じゃ売れないだろうし肝心のホンダさんも本気になって売ろうとしてくれないし。
    困ったもんですな。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー