スバルの「快適ワゴン」が凄い! スポーティなデザイン採用した新型「インプレッサ」 発売2か月の動向は?

スバル「インプレッサ」は2023年4月に6代目モデルが発売されました。スバルを代表する人気モデルですが、現状はどのような売れ行きなのでしょうか。

スバルを代表する新型「インプレッサ」の動向は?

 スバルは、2023年4月20日に6代目モデルの価格を発表しており、納車が続々と開始されているようです。
 
 そんな新型インプレッサですが、発売直後の動向はどうなっているのでしょうか。

スバル新型「インプレッサ」発売から2ヶ月の動向は?
スバル新型「インプレッサ」発売から2ヶ月の動向は?

 初代モデルは1992年に登場し、そのスポーティな外観が若者を中心に人気を集めました。

 そこから幾度となくモデルチェンジがおこなわれ、現在では6代目モデルが2023年4月より発売されています。

 インプレッサは初代より水平対向エンジンや「シンメトリカルAWD」などが搭載され、安定感のある走りと高い走行性能を魅力としていました。

 6代目モデルでもその高い走行性能という特徴は継承されています。

 エクステリアは、引き締まったスピード感ある鋭いシェイプと、大地を駆けだす力強さを感じさせる張り出したフェンダーによりスポーティさを表現。

 インテリアは、ドライビングとアクティビティの時間を自然体で過ごせる使い勝手の良いカジュアルな仕立てとしました。

 それでいて、医学的知見を取り入れたシート構造やルーフパネルの制振構造も採用することで動的質感を高めています。

 パワートレインは2リッターガソリン車と2リッターe-BOXER車にそれぞれFWD/AWDを設定。

 また、フルインナーフレーム構造を採用することでボディ剛性をさらに向上させるとともに軽量化。

 加えて、2ピニオン電動パワーステアリングを採用し、応答遅れが少ないスポーティで上質なステアリングフィールを実現しました。

 さらにスバルの特徴となる運転支援システムに新世代アイサイトに加えて広角単眼カメラを採用し、高い安全性能を実現しています。

 このような特徴を持つ新型インプレッサですが、現状はどのような売れ行きなのでしょうか。関東地方のスバル販売店担当者は次のように話します。

「新型インプレッサの発売から約2か月が経過しましたが、発売前から予約をしていた人も多く、たくさんの受注をいただいています。

『ST-H』というハイブリッド車のグレードを中心に人気があり、スバルの他車種と比較しても、数多くのオーダーがあります」

【画像】えっ…! マジカッコいい…新型快適ワゴン! 実車を見る!(53枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー