トヨタの名機「1JZ-GTE」エンジンの2次電流を1.6倍にパワーアップ! HKS「スーパーファイヤーレーシングコイルpro」登場

HKSは、「1JZ-GTE(VVT-i)」用のイグニッションコイルである「スーパーファイヤーレーシングコイルpro」を2023年5月31日に発売すると発表しました。

純正比1.6倍の2次電圧を発生させ、高回転域での失火を防止

 自動車用アフターパーツメーカーのHKSは、トヨタのマーク2(JZX100/JZX110)などに搭載されたエンジン「1JZ-GTE(VVT-i)」用のイグニッションコイルである「スーパーファイヤーレーシングコイルpro」を2023年5月31日に発売すると発表しました。

HKS「スーパーファイヤーレーシングコイルpro」を装着した「1JZ-GTE(VVT-i)」
HKS「スーパーファイヤーレーシングコイルpro」を装着した「1JZ-GTE(VVT-i)」

「1JZ-GTE(VVT-i)」エンジンは、純正だと同時点火方式ですが、独立点火方式にアップグレードすることにより、効率の良い着実な点火をサポートするとしています。

 また、イグナイターを内蔵式にしたことにより、経年劣化による故障リスクのある純正のイグナイターが不要になったとのことです。

 さらに、「1JZ-GTE(VVT-i)」の純正ハーネスをリフレッシュすることが可能で、専用設計のブラケットおよびハーネスにより、簡単な取り付けを実現したといいます。

 また、イグニッションコイル搭載位置をブラケット上部にすることにより熱源から遠ざけ、イグニッションコイルの寿命を向上させたとのことです。

 ブラケットには、アルマイト処理を施し美観と耐久性を確保したほか、国内製のイグニッションコイルを採用することにより、高耐久、高性能を実現したといいます。

 なお、「スーパーファイヤーレーシングコイルpro」の制御には、ドエルタイムの調整が可能なECUが必要なほか、純正のプラグカバーは取り付け不可とのことなので注意が必要です。

 価格は19万5800円(税込み)となっています。

【画像】1.6倍にパワーアップした2次電圧のグラフと「1JZ-GTE(VVT-i)」を搭載したトヨタ チェイサーの写真を見る(6枚)

マツダ、HKS 無料セミナー「お得バナシ」はココを見て! 参加者全員 Amazonギフト券プレゼント!!

画像ギャラリー

【2023年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー