「スカイライン」≠「GT-R」のナゼ 歴史と伝統、そしてゴーン氏の「決断」

ゴーン氏の決断は「スカイライン」と「GT-R」になにをもたらしたか

 筆者(鈴木ケンイチ:モータジャーナリスト)は個人的に、ゴーン氏の決断は正解だったと思います。別々にすることで、「GT-R」は思い切った高性能車にできます。素の「スカイライン」も、普通のセダンとしてコストや性能、キャラクターを独自に磨くことができるようになりました。「GT-R」という高性能スポーツモデルに影響されず生まれたV35型「スカイライン」は、まっとうなスポーティセダンであり、アメリカ市場でヒット作となります。そしてV36型、V37型と「スカイライン」は普通のスポーティセダンとして進化。日産のグローバルなプレミアムブランドであるインフィニティの主力モデルに成長します。

 他方、独自のモデルとなった「GT-R」は、480馬力という驚愕の出力を誇るスーパースポーツとして2007(平成19)年に誕生しました。しかも「GT-R」はたゆまぬブラッシュアップによって、いまでは600馬力のニスモ・バージョンまで登場。いまだに世界トップクラスの走りを維持しています。

 とはいえ、「GT-R」も今年で誕生から10年。そろそろ次のモデルが気になるのも正直なところ。電動化を強く推すのが現在の日産です。未来の「GT-R」はいったいどうなるのでしょうか。これが世界中の「GT-R」ファンが抱いている今の疑問でしょうね。

【了】
提供:乗りものニュース

1 2 3 4

この記事の写真一覧

最新記事