全長3.4mのレクサス「超小型SUV」!? “迫力フェイス+極小ボディ”でまさかの4人乗り! 斬新すぎた「LF-SA」とは

モーターショーなどの自動車関連イベントでは様々なコンセプトカーや、新型車が発表され人々の未来に対する期待感を高めますが、2015年にスイスで開催された「ジュネーブモーターショー」で、レクサスはウルトラコンパクトクラスのコンセプトカー「LEXUS LF-SA」を出展していました。もし市販車版となるモデルが登場すれば“レクサス最小級SUV”の位置づけになります。

レクサス最小級SUV「LF-SA」提案されていた

 モーターショーやオートサロンなどの世界各国で開かれる自動車関連イベントでは様々なコンセプトカーや、新型車、カスタムカーが発表され人々の期待感を高めます。
 
 2015年にスイス・ジュネーブで開催された「ジュネーブモーターショー2015」でレクサスは、ウルトラコンパクトクラスのコンセプトカー「LEXUS LF-SA」を出展していました。

ウルトラコンパクトクラスのコンセプトカーレクサス「LF-SA」
ウルトラコンパクトクラスのコンセプトカーレクサス「LF-SA」

 LF-SAは、2+2シーター(4名乗り)のコンセプトカーです。レクサスはこのクルマについて当時「LEXUSが今まで踏み込まなかった領域となる、ウルトラコンパクトクラスで究極のラグジュアリーを具現化した」と説明していました。

 そのボディサイズは、全長3450mm×全幅1700mm×全高1430mmと、これまでにレクサスが販売・提案してきたクルマの中でも最小クラスのボディサイズ。

 エクステリアは、彫りの深いボディ造形により、見る角度によって刻々と表情が変化して見えるデザイン。フロントエンブレムを中心とした放射パターンのスピンドルグリルは、立体的にフロントフェンダーへ続き、ボディの踏ん張り感を強調するほか、リヤホイールアーチ上の大胆な削り出しによる構成面がボディのメリハリを強調し、ダイナミックかつ前進する力強さを表現するなど、“SUV”らしいワイルドな仕上がりです。

 インテリアは、コンパクトな外観でありながら、大きく弧を描いたダッシュボードが広い室内を演出するほか、今見ても先進的な印象に仕上がっています。また、助手席はスライド可動式とし、後席への乗降性に配慮されています。

※ ※ ※

 LF-SAという車名は、Lexus Future Small Adventurer(未来の小さな冒険者)を意味し、未来の生活スタイルにおいても運転の歓びを追求する精神がその名に込められているといいます。

 そんなLF-SAの“市販版”と言えるモデルはこれまでに存在していませんが、昨今レクサスのエントリーモデルであった「CT」の終了により、新たなエントリーモデルとなる“レクサス最小級SUV”の登場が各紙やSNSで話題となっており、SUVのようなデザインを持つLF-SAの市販版のようなクルマが登場する可能性を完全には否定できません。

 今後のレクサスの動向に、注目です。

レクサス・CT のカタログ情報を見る

【画像】まさかの“小さすぎ”レクサス? 斬新すぎる「LF-SA」を画像で見る(81枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー