ホンダ「シビックタイプR」用ブーストコントローラー「パワーエディター」がHKSから新登場!

自動車アフターパーツメーカーのHKSは、次世代型のブーストコントローラーと謳う「パワーエディター」シリーズにホンダ「シビックタイプR」(2022年型、FL5)適合の新商品を2023年3月23日追加、発売しました。

「シビックタイプR(FL5)」をカプラーオンで簡単にブーストアップ!

 自動車アフターパーツメーカーのHKS(エッチ・ケー・エス)の「パワーエディター」のラインナップにホンダ「シビックタイプR」(2022年型、FL5)適合の新商品が2023年3月23日追加、発売しました。

「シビックタイプR」(2022年型、FL5)
「シビックタイプR」(2022年型、FL5)

「パワーエディター」は従来型のブーストコントローラーでは制御することが不可能な、電動式や負圧制御式のアクチュエーターを採用している次世代型のブーストコントローラーで、車両の圧力センサとECUの間に「パワーエディター」を割り込ませることで、簡単にターボ車のブーストアップを可能にするとのことです。

 装着はカプラーオンで簡単に行うことができ、装着後(配線後)でも、製品に同梱の復帰用コネクタを使用することでノーマルの状態に戻すことができるといいます。

「パワーエディター」を装着することで、最高出力は6650rpm時の243.3kW(330.7PS)から6610rpm時の251.2kW(341.5PS)へ、最大トルクは3970rpm時の406.1Nm(41.4kgf・m)から4010rpm時の420.5Nm(42.9kgf・m)へとパワーアップし、HKSによると「3500~6500rpmにてアドバンテージが得られ、より気持ちよい加速感が得られる」(資料より)とのことです。

「シビックタイプR(FL5)」適合モデル「パワーエディター」の価格は4万9500円(税込)となっています。

【画像】ホンダ「シビックタイプR」適合の「パワーディタ―」と装着時のパワーグラフを見る(3枚)

【2023年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー