ホンダの「N」シリーズ販売が累計350万台突破! 2024年に新型「N-VAN」ベースの商用EVも登場へ

ホンダは2023年4月6日、軽自動車の「N」シリーズの販売台数が累計で350万台を突破したと発表しました。

ホンダの軽自動車「N」シリーズが350万台を販売 新型も登場へ

 ホンダは「N-BOX」や「N-VAN」をはじめとする軽自動車の「N」シリーズが累計販売台数350万台を突破したと2023年4月6日に発表しました。
 

国内で350万台販売達成! ラインナップも変化へ
国内で350万台販売達成! ラインナップも変化へ

 ホンダのNシリーズは、2011年12月にデビューした軽スーパーハイトワゴンの初代N-BOXから採用されている軽自動車のシリーズ総称です。

 Nの由来は、同社初の量産軽乗用車「N360」に込められた「新時代を築く四輪車を作りたい」という想いを継承し、ネーミングキーワードに設定したといいます。

 2017年9月、N-BOXをフルモデルチェンジを実施し第2世代のNシリーズへと進化しました。

 2代目のN-BOXは「さらに人に寄り添い、乗り物の枠を超えて、日本の毎日や乗る人の生き方を楽しく豊かに変えたい」という想いのもと開発。

 プラットフォームを刷新し、ホンダで受け継がれてきたとするM・M思想(マン・マキシマム/メカ・ミニマム思想)による広い室内空間、全モデル標準装備の安全運転支援システム「ホンダセンシング」、燃費・走行性能の向上などを図りました。

 初代、2代目ともに好調な販売を記録し続けるNシリーズの代表格であるN-BOXは2021年6月、デビューからわずか9年6か月で累計200万台の販売を達成しています。

 これはコンパクトカー「フィット」(2001年6月登場・2013年4月に国内200万台達成)の11年10か月という記録を上回るホンダ最短記録です。

 その後も主力モデルとして販売を伸ばし、350万台の達成へ大いに貢献したN-BOXのほかにも、2018年に発売し助手席ピラーレスや荷室から助手席までフルフラットになるフロア構造などを特徴とするN-VANや、軽トールワゴンの「N-WGN」「N-ONE」など多彩なNシリーズを展開。

 さらに2024年春には、「N-VAN」をベースとした新型軽商用EV(電気自動車)の発売を予定しているなど、幅広いラインナップがさらに拡大されることも明らかになっています。

 ホンダは今回の発表に際し、以下のようにコメントしています。

「Nシリーズを通じて日本の暮らしに寄り添う“Nのある豊かな生活”を提供できるよう取り組んでまいります」

 今後もホンダのNシリーズの躍進に目が離せません。

ホンダ・N-BOX のカタログ情報を見る

【画像】ダーク強調がカッコイイ! 迫力UPした「N-BOX」を 画像で見る(30枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー