マツダが新「MAZDA3」発売へ! 新たなボディカラーを採用し、快適性と安全性も向上! 約228万円から

2023年4月6日、マツダは「MAZDA3」の改良をおこない予約受付を開始しました。発売は6月上旬を予定しているといいます。

安全性と利便性・快適性を向上

 マツダは2023年4月6日、コンパクトカー「MAZDA3」の改良をおこない、予約受付を開始しました。
 
 今回の商品改良では、安全性と利便性・快適性を向上させるとともに、新たなボディカラーを追加しグレード体系も見直しているといいます。

マイナーチェンジをした マツダ新「MAZDA3」
マイナーチェンジをした マツダ新「MAZDA3」

 MAZDA3は現行モデルが2019年5月に発売されたコンパクトカーで、同社の戦略車として位置づけられている中核モデルです。

 今回改良をおこなったMAZDA3は、マツダの安全思想「マツダ・プロアクティブ・セーフティ」に基づき、ATの誤発進抑制制御やドライバー・モニタリングにわき見運転を警告する機能を追加し、運転時の安心感を高めました。

 インテリアでは、ダッシュボードに設置されるセンターディスプレイを従来の8.8インチから10.25インチに大型化。さらに「ワイヤレス充電(Qi)、ワイヤレス接続機能(Apple CarPlay対応)、USB-TypeC端子(照明付)」を追加して乗降時の接続操作を低減し、利便性と快適性を向上させています。

 コネクティッドサービスにおいては、ドアのロック・アンロックやハザートの点灯、駐車位置の確認などの機能が利用できる従来の「コンフォートプラン」に加えて、ドアのこじ開けなどの車両の異常や速度超過、指定エリア外への移動などを監視する「見守りプラン」と「リモートエンジンスタート」の2つの有料プランを新規追加しました。

 ボディカラーは、これまでMAZDA3には採用されていなかった「セラミックメタリック」を新たに追加。

 この色はコンパクトSUV「CX-3」から採用されている「石こう像」をモチーフとしたボディカラーで、塗料にアルミフレークを加えることでマツダらしい繊細な造形を強調し、シャープな立体感を実現しています。

 一部改良をおこなったMAZDA3の価格は、228万8000円から386万6500円(消費税込)で、発売は6月上旬を予定しています。

マツダ・MAZDA3ファストバック のカタログ情報を見る

【画像】新カラー追加でイメージチェンジ! マツダ新型「MAZDA3」を見る(17枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー