ひと味違う!? 「レトロ顔」なオシャ軽バン! 「車中泊」派も注目のスズキ「エブリイ」カスタムキット「リトルD」とは

車中泊にも使える軽ワンボックスバンの人気モデルであるスズキ「エブリイ」には、多数のカスタマイズパーツが用意されていますが、中でもボディキット「little D.(リトルD)」は、レトロで無骨なスタイルにイメージチェンジする人気のアイテムです。

懐かしくて新しい「ニューレトロ スタイル」とは

 アウトドアブームの盛り上がりを受け、軽ワンボックスバンで「車中泊」を楽しむ人も増える中、他とはひと味違うテイストを求めるユーザーのためのカスタマイズパーツも広がっています。
 
 今回は、軽ワンボックスバンの人気モデル、スズキ「エブリイ」をレトロで無骨なスタイルにイメージチェンジするボディキット「little D.」を紹介します。

英国風クラシックスタイルが「オシャレ!」 スズキ「エブリイ」ボディキット「little D.(リトルディ)」[DAMD]
英国風クラシックスタイルが「オシャレ!」 スズキ「エブリイ」ボディキット「little D.(リトルディ)」[DAMD]

 エブリイは、ダイハツ「ハイゼットカーゴ」と並ぶ軽商用ワンボックスバンの主要モデルです。

 現行型は2015年2月にフルモデルチェンジ。発表当時、クラストップの荷室長や荷室幅などを実現するなど、軽の限られたサイズの中で高い荷室空間効率を実現させました。

 こうした使い勝手の良さが好まれ、キャンピングカーのベース車両としても高いシェアを誇る一方、個人ユーザーもDIYで室内をカスタマイズしながら、車中泊やアウトドアレジャー用にエブリイを愛用するケースも多いといいます。

 ユーザーの増加にしたがって、他のユーザーとは差別化を求める人に向け各社からカスタマイズパーツも発売されています。

 そのひとつが、エアロパーツなどを製造・販売するDAMD(ダムド)のボディキットlittle D.(以下、リトルD)です。

 リトルDは、既にスズキの軽SUV「ジムニー」や、ダイハツのクロスオーバーハイトワゴン「タフト」向けに設定される人気のシリーズで、エブリイ向けパーツは2022年7月に、新たに新設定されました。

 コンセプトは「ユーザーの幅広いアウトドアライフに応えるスタイリッシュ軽バン」。

 DAMDでは、エブリイ リトルDについて、英国風クラシックスタイルを取り入れた、アウトドアテイストなラギット(無骨な)デザインを取り入れたことで、懐かしくて新しい「ニューレトロ スタイル」を目指した、と説明します。

 ボディキットは、フロントフェンダーからボンネット、ルーバーグリル、丸目ライト、バンパーなど前方部を全て交換する「フェイスチェンジキット」が基本です。

 さらに純正サイドスカートと交換するサイドプロテクターや、スチールバンパー風で丸型テールランプが組み込まれたリアバンパー、クラシックテイストな千鳥格子柄のシートカバーなど、多彩なオプションも用意されるほか、これらのパーツを新車に組み込んだコンプリートカーも販売されています。

 またエブリイバンのほか、乗用タイプのエブリイワゴンに対応したパーツも用意されるなど、多彩な選択肢が用意されているのも特徴です。

 エブリイ リトルD フェイスチェンジキットの価格は31万6800円(未塗装品素地/消費税込み)からです。

スズキ・エブリイ のカタログ情報を見る

【画像】オシャなレトロ顔! スズキ「エブリイ little D.」を写真で見る(22枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー