ついに全面刷新!? ダイハツ新型「ムーヴ」本格ハイブリッド搭載で燃費30km/L超も? 次期型どうなる?

新型ムーヴの燃費と価格を大予想!

 では、新型ムーヴeスマートハイブリッドのWLTCモード燃費はどの程度になるのでしょうか。

 ロッキー2WDの場合、eスマートハイブリッドのWLTCモード燃費は28.0km/Lで、ノーマルエンジンは20.7km/Lと、eスマートハイブリッドの燃費数値はノーマルエンジンの1.35倍になります。

 そして設計の新しいムーヴキャンバスのノーマルエンジン車は、WLTCモード燃費が22.9km/Lですから、eスマートハイブリッドの燃費数値が1.35倍であれば30.9km/Lとなり、この数値なら2030年度燃費基準の28.5km/L前後を余裕でクリアできます。

エンジンを発電機として使うダイハツの「eスマートハイブリッド」
エンジンを発電機として使うダイハツの「eスマートハイブリッド」

 価格はどうなるのでしょうか。ロッキーの「プレミアムG」同士で比べると、eスマートハイブリッドの価格は、ノーマルエンジンに比べて28万9000円高いです。ただし軽自動車は価格に敏感なカテゴリーですから、この金額をそのまま上乗せしたら、ムーヴeスマートハイブリッドは売れないでしょう。

 そこで想定される価格が「小型車の70%」です。例えばターボエンジンとノーマルエンジンの価格差、パノラマモニターなどのメーカーオプション価格を見ると、軽自動車は小型車の70%前後で設定されていることが多いです。

 そうなるとロッキーの場合、eスマートハイブリッドの価格アップは28万9000円ですから、軽自動車のムーヴなら70%の約20万円です。この金額は、エアロパーツを装着するカスタムと標準ボディの価格差に近く、許容範囲に収まります。

 新型ムーヴのノーマルエンジン搭載車が130万円とすれば、eスマートハイブリッドは150万円です。

 新型ムーヴに搭載されるeスマートハイブリッドのWLTCモード燃費が前述の30.9km/L、ノーマルエンジンが22.9km/L、価格アップが20万円とすれば、この金額を燃料代の節約で取り戻せるのは、レギュラーガソリン価格が160円/Lとして11万kmを走った頃です。

 軽自動車はノーマルエンジンとハイブリッドで、購入時に納める税額の差が少なく、またノーマルエンジンも燃費が優れているため、実質価格差を取り戻せる距離が長くなります。ただし渋滞の多い街中を走る時間が長い使い方なら、取り戻せる距離が11万kmよりも短くなります。

※ ※ ※

 新型ムーヴの登場は2023年内だと思われますが、これを皮切りに、軽自動車にもフルハイブリッドが増えることになるでしょう。

 日本では総世帯数の約40%がマンションなどの集合住宅であるため、日産「サクラ」のような電気自動車の軽自動車を所有できないユーザーも多く、軽自動車のフルハイブリッドが果たす役割も大きいのです。

【画像】存在感スゴっ! メッキグリルがド派手な「ムーヴ」内外装の画像を見る(36枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

Writer: 渡辺陽一郎

1961年生まれ。自動車月刊誌の編集長を約10年務めた後、2001年にフリーランスのカーライフ・ジャーナリストに転向。「読者の皆さまに怪我を負わせない、損をさせないこと」が最も重要なテーマと考え、クルマを使う人達の視点から、問題提起のある執筆を得意とする。

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

3件のコメント

  1. 何故?ダイハツ営業マンが「当初の予想画像と全く違うし、後ろスライドドア」との事。
    営業自体もムーブはキャンバスがスライドだから売りにくいと言っていた。

  2. 全固体電池も大幅遅れ、炭素繊維車体も普及せず、脱炭素よりも自動車業界の雇用確保による硬直的な車造りが進化を立ち止まらせている。

  3. 半導体不足という画一的な納期遅延を評論家は実態調査したのか? 軽自動車だけ納期遅延が短い理由からして疑わしいと思うだろ。国内製造ラインを軽に振り分けているだけだろ。国内マーケットは三極化(三極という言葉は以前から存在する)し、生活軽自動車、趣味的マイカー登録車、誇示的高級車に分かれ、趣味的マイカー登録車は使用頻度が少ないため長期的に待たせることが可能なだけ。逆に誇示的高級車層はいち早く乗らせるために予約を受け付け販売タイムラグを短くするように調整出荷しているだけ。生活軽自動車が旧来の販売手法で、長く待たされると他車や中古車に流れてしまうので製造ラインの確保を充分にしているだけ。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー