ホンダが「レトロ顔/2人乗り仕様」実車展示! 丸目2灯で存在感アップ! 美女描かれたモデルをお台場でお披露目へ

ホンダアクセスは、2023年3月26日に開催される「お台場痛車天国2023」で「S660 Neo Classic」の実車を展示します。

お台場でお披露目

 ホンダ車の純正アクセサリーやコンプリートモデル「Modulo X」を手掛けるホンダアクセスは、2023年3月26日に開催される「お台場痛車天国2023」でレトロ顔の軽スポーツ「S660 Neo Classic」の実車を展示します。

ホンダ「レトロ顔 2人乗り仕様」の実車を展示! 「S660 Neo Classic」とはどんなクルマ?
ホンダ「レトロ顔 2人乗り仕様」の実車を展示! 「S660 Neo Classic」とはどんなクルマ?

 ホンダがかつて販売していた軽スポーツ「S660」ですが、実はレトロ顔にカスタマイズ出来るキットをホンダアクセスが展開していました。

 これは2018年8月30日に発表された「S660 Neo Classic KIT」というもので、ユーザーからの要望が高かった外装や灯体などを組み替えるものです。

 S660 Neo Classic KITは、未塗装のFRP製外装部品と灯体などで構成されており、装着する実車に合わせた塗装を行い架装するカスタマイズカーとなり、価格はベース車両費や塗装・架装費用を含まない状態で132万円(消費税込み)でしたが、2021年5月31日で注文終了となっています。

 見た目は、小さく低い車体のフロントマスクに大きなヘッドライトから構成される可愛らしいフェイスデザインに加えて、リアは少し厚めの造形となりスーパーカーを彷彿とさせるスポーティで重厚感あるイメージです。
 

 今回「お台場痛車天国2023」に出展するホンダアクセスは、2020年から「いろいろな人と車を通じて交流したい!」という想いを込めてVirtual YouTuber(以下VTuber)「クラリゼ」の活動を行ってきました。

 クラリゼは、ホンダアクセスが過去東京オートサロンに出展したコンセプトモデルを擬人化したキャラクター、クラネ、リゼット、クラサの3名で構成されています。

 お台場痛車天国2023では、イラストレーター森倉円氏によるクラリゼの描き下ろしキャラクターデザインをラッピングしたS660 Neo Classicが展示されます。

ホンダ・S660 のカタログ情報を見る

【画像】もはや懐かしいレトロ顔! スポーティなホンダ軽スポーツの実車を写真で見る!(15枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

5件のコメント

  1. 何かが決定的に違う

  2. これレトロというかバカボンに出て来る目ん玉つながりのお巡りさん顔なんじゃない?

  3. すべておいてブス。これでよく発表できたな。

  4. 悪い意味で顔みたいだな
    アホ面というか…

  5. 個人的には好きです。
    怖い顔の車が多いので、優しいデザインはありかな

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー