トヨタが新型「グランドハイランダー」世界初公開! ド迫力「3列SUV」は速さも自慢!? 2023年夏に米国で発売へ

トヨタ モーターノースアメリカは、3列シートSUVとなる新型「グランドハイランダー」をシカゴオートショー2023で世界初公開しました。

トヨタ新型「グランドハイランダー」世界初公開!

 2023年2月8日(現地時間)に、トヨタの北米法人となるトヨタ モーターノースアメリカは、3列シートSUVとなる新型「グランドハイランダー」をシカゴオートショー2023で世界初公開しました。

世界初公開されたトヨタ新型「グランドハイランダー」
世界初公開されたトヨタ新型「グランドハイランダー」

 新型グランドハイランダーに関しては、ワールドプレミア前からリアビューやインテリアなどの画像が先行して公開されてきました。

 またハイランダーは初代モデルが米国市場に2001年に登場し、当時は日本でも「クルーガー(2000年登場)」という車名で販売されていた過去があります。

 その後、2代目モデル(2007年)、3代目モデル(2013年)、現行となる4代目モデルが2019年に北米市場を皮切りに投入されました。

 なお、4代目モデルは欧州、中国などの市場で展開されているほか、中国ではハイランダーの姉妹車として「クラウンクルーガー」として販売されています。

 4代目モデルのプラットフォームはトヨタ「RAV4」や「ハリアー」と同じGA-Kプラットフォームを用いており、ボディサイズは全長4950mm×全幅1930mm×全高1730mmの7人乗り/8人乗りを設定する3列SUVです。

 パワートレインは、国や地域によって異なるものの3.5リッターV型6気筒ガソリン車と2.5リッター直列4気筒ハイブリッド車に加えて、265馬力を誇る2.4リッターターボ直列4気筒エンジン車を設定しています。

 このような特徴を持つハイランダーですが、今回のシカゴオートショー2023では新たに3列シートのみとなる新型グランドハイランダーが世界初公開されました。

 新型グランドハイランダーは、GA-Kプラットフォームを採用し、個性的で美しいエクステリアデザインと、3列すべてに見られる広々としたインテリアを採用しています。

 フロントは、ハイランダーのフォルムを踏襲しながらも、台形ハンマーヘッドグリルや20インチホイールにより、全く新しいデザインを採用。

 サイドビューは、ドアからフェンダー、フロントタイヤ、リアタイヤまでシームレスに流れ、シンプルかつ躍動感のあるデザインを表現しています。

 また「Hybrid MAX」グレードには、専用のフロント/リアロアバンパーを設定し、プレミアムな仕上がりとしています。

 インテリアは、思いやりのある広々としたデザインを採用しました。

 インストルメントパネルにはソフトパッドを採用し、ドアトリムにはウッド調の装飾を施し、その間を機能的なトレイ形状でシームレスにつないでいます。

 さらに、中央の低い位置に配置された頑丈なコンソールは、精巧に作られたソファのような印象で、快適なリビングルームのような空間を表現。

 インパネアッパーはドアトリムまで続くフォルムで広がりがあり、インパネロアには運転席・助手席独立のアームレストを採用し、コンソールリッドの開閉に関わらず使用できるようにしました。

 オーナメントをアクセントに、無垢材から削り出されたモダンアートのようなインテリアを実現しました。また、上質なレザーのステッチワークにより、モダンで洗練されたエレガンスを表現しています。
 
 1列目シートは、標準装備の12.3インチ・マルチメディア・ディスプレイを中央に配置するほか、ワイヤレス充電器、2つのUSBポート、3つのカップホルダー(うち1つは大型のウォーターボトルが収納可能)を装備しています。

 2列目シートでは、エアコン操作パネルと左右独立したUSBポートをコンソールエンド上部にまとめて配置し、2列目シート乗員の手の届きやすい位置に配置。

 また、ベンチシート仕様ではセンターアームレストにカップホルダーを、キャプテンシート仕様ではリアコンソールにカップホルダー、スマートフォン収納スリット、マルチパーパストレイを装備しています。

 3列目シートでは、USBポート、スマートフォン/タブレット端末収納スペース、2つのカップ&ボトルホルダーを設け、多様な利用シーンを想定しています。

 さらに、乗降時に使用するサポートグリップと、降車時に使用するハンドサポートスペースを設け、乗降性を高めています。

 パワートレインはバランスのとれた2.4リッターターボガソリン仕様(FF/AWD)、効率性に優れた2.5リッターハイブリッド仕様(FF/AWD)、究極のパフォーマンスを追求した362馬力を発揮するハイブリッドマックス仕様をラインナップ。

 なおハイブリッドマックスが設定されたことにより、新型グランドハイランダーは0-60マイル(約0-96km/h)の加速は6.3秒となり、トヨタ史上最もパワフルなミドルサイズSUVとなりました。

 新型グランドハイランダーについて、トヨタマーケティング本部副社長のリサ・マテラッツォ氏は次のように述べてます。

「3列シートの快適性を重視したミドルサイズSUVへのニーズは確実にあり、グランドハイランダーは究極の選択肢です。

 この3列シートのモデルは、ハイランダーをさらに進化させたものです。

 ハイランダーのレガシーを全く新しい空間へと導くと同時に、電動化を実現するという我々の約束を守るものです」

※ ※ ※

 なおハイランダーは、2006年にこのセグメントで初めてハイブリッドパワートレインを搭載したモデルとなり、新型グランドハイランダーはトヨタの電動化のリーダーシップをさらに拡大するものだといいます。

 なお、新型グランドハイランダーはカルティデザインスタジオがデザインし、インディアナ州プリンストンにある工場でのみ生産されます。

 新型グランドハイランダーの価格と販売開始時期は、2023年夏以降に発表される予定です。

【画像】トヨタが新型「グランドハイランダー」お披露目! 迫力ある実車のデザインを画像を見る!(44枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. ディフェンダーの方が大きいんだ。
    それなのに全席快適??

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー