8800万円超えのトヨタの激レア「スポーツカー」がスゴイ! “極上”内外装の「2000GT」が仏で落札

高額なコレクタブルカーを扱うRMサザビーズで2月にパリでおこなわれたオークションに、トヨタ「2000GT」が登場しました。50万ユーロ(約7070万円)から70万ユーロ(約9900万円)で落札されると予想されましたが、最終的に62万3750ユーロ(8830万円)で落札されました。

8800万円超えで落札! 極上のトヨタ「2000GT」とは

 RMサザビーズは、主にスーパーカーやクラシックカーなど高額なクルマを扱う国外のオークショニア。

 同オークショニアが、2023年2月からパリでおこなったオークションにて、日本の名車として名高いトヨタ「2000GT」が登場しました。

62万3750ユーロ(約8830万円)で落札されたトヨタ「2000GT」(Photo:RMサザビーズ)
62万3750ユーロ(約8830万円)で落札されたトヨタ「2000GT」(Photo:RMサザビーズ)

 2000GTは、トヨタがヤマハと共に共同開発したスポーツカー。1965年の東京モーターショーでプロトタイプが登場し、その後1967年から1970年にかけ337台が生産されました。

 パワートレインには、最大出力150馬力を発揮する3連装のキャブレターを付けた2リッター直列6気筒エンジンと5速トランスミッションを組み合わせ搭載。最高速度は220キロにも達します。

 また足回りには、ダブルウィッシュボーンサスペンションや4輪ディスクブレーキ、マグネシウム製ホイールを装備。その他、ライトがせり出してくるタイプのリトラクタブル・ヘッドライトなど、1960年代としては先進的な技術を多数導入しています。

 そういったさまざまな機能を要素も買われてか、1967年に公開した映画「007は二度死ぬ」では、オープンカーに改造した2000GTが登場。こちらは6代目「ジェームズ・ボンド」を演じたダニエル・クレイグが、好きなボンドカーとして同車をあげるほど、高い人気を得ています。

 今回出品された2000GTは、1969年夏頃まで生産していた前期型。車体番号は「MF10-10050」と記載してあり、1967年7月26日に出荷されたモデルとのこと。またカラーリングはオリジナルのペガサスホワイトに塗られます。日本のナンバープレートを模したプレートも前後に添えられていましたが、残念ながら商用車を表す「4ナンバー」表記でした。

※ ※ ※

 半世紀経ってなお、その輝きが色あせないトヨタ「2000GT」。近年のオークションでは1億円以上で落札される場合もあるなど、年々人気が高まっていますが、今回のオークションでは50万ユーロ(約7070万円)から70万ユーロ(約9900万円)で取引されると予想されていましたが、62万3750ユーロ(約8830万円)で落札されました。

【画像】その輝きは色褪せない…トヨタ激レアスポーツカー「2000GT」を細部まで画像で見る(43枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. ナンバープレーの402というのが気になります、2000ccだから最初の4が5だと納得。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー