300馬力の過激なトヨタ「GRヤリス」コンプリートカー登場! トムスチューンで829万円から

トヨタ「GRヤリス」とレクサス「IS」のコンプリートカーをトムスが開発し、受注が開始されました。一体どのような仕様なのでしょうか。

トムスが2台のスポーツモデルをチューニング!

 トヨタ車およびレクサス車のカスタムパーツを開発・販売するトムスは、「TOM’S GRヤリス」と「TOM’S レクサス IS300」の2台のコンプリートカーの受注を2023年1月23日に開始しました。
 

トムスがチューニングしたコンプリートカー「TOM’S GRヤリス」
トムスがチューニングしたコンプリートカー「TOM’S GRヤリス」

 TOM’S GRヤリスは、トヨタのホットハッチ「GRヤリス」をベースとし、サーキットでのスポーツ走行を視野に入れ開発。ECUの解析やチューニングとともに、ハイフロータービンへの交換を実施し、最高出力はマージンを持った300馬力、最大トルクは42.0kgfmを実現しています。

 また、新開発のAdvoxサスペンションシステムはサーキットテストを繰り返して熟成させ、走りを楽しめる仕様としました。

 またTOM’S X bremboのブレーキキットを始め、専用の鍛造ホイール、LSDなど、走りに特化したオプションを設定。予算やスキルに応じたアップグレードが可能です。

 外観パーツとして、フロントディフューザーやカナード、サイドディフューザー、リアアンダーデュフューザー(Type TK)、リアバンパーダクト(Type TK)、リヤルーフウイング、エキゾーストシステム「トムス・バレル」を装着。高い走行性能を予感させるスタイリングとしました。

 一方のTOM’S レクサス IS300は、レクサスのFRセダン「IS」をベースに、ハイスピードクルージングとスポーツハンドリングを併せ持つ、トムスならではのスポーツセダンを目指して開発されたモデル。

 ECUの解析やチューニングを実施し、最高出力275馬力、最大トルク43.0kgfmのパフォーマンスを獲得しました。

 また。新開発のAdvoxシステムは、サーキットでもテストを実施。質の高い、かつしなやかなハンドリングを実現しています。

 さらに、フロントブレーキにTOM’S X bremboキャリパーキットを標準で装備。ハイスピードクルージング時でも安心の制動力を確保しました。

 外観パーツには、フロントディフューザーやカナード、サイドディフューザー、リアアンダーデュフューザー(Type TK)、リアバンパーダクト(Type TK)、リヤルーフウイング、エキゾーストシステム「トムス・バレル」を装着。通常仕様よりもワイド&ローを強調したデザインに仕上がっています。

※ ※ ※

 価格(オプション込み参考価格)は、TOM’S GRヤリスが829万円から、TOM’S レクサス IS300が849万円です。両車とも、トムスの専用サイトにて受付がおこなわれています。

トヨタGR・ヤリス のカタログ情報を見る

【画像】武闘派コンプリートカー出た! トムスチューンの「GRヤリス」と「IS300」がスゴイ!(20枚)

24時間ネット購入OKの中古車って?【PR】

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント