豪華「オシャ」内装の高級セダン登場! 登場50年迎えるBMW「5シリーズ」を祝う特別モデル登場 945万円から

BMW日本法人は、ミディアムセダン「5シリーズ」の日本発売50周年を記念した特別仕様車を発売しました。どのようなクルマなのでしょうか。

BMW「5シリーズ」の50周年を祝う特別モデル

 BMWの日本法人は2023年1月19日、同社のミディアムモデル「5シリーズ」が日本で発売されて50年になるのを記念し、特別仕様車「50th Anniversary Edition」を発売しました。
 
 特別仕様車は、豪華な専用内外装の仕立てが特徴です。

BMW「5シリーズ」日本デビュー50年!
BMW「5シリーズ」日本デビュー50年!

 BMW 5シリーズは、同社の中核モデルとなるミディアムサイズセダン(後にステーションワゴンも設定)で、日本では初代が1973年に発売されました。

 7代目となる現行型は2017年にデビューし、2020年9月にはエクステリアのデザインや先進運転支援システムなどの刷新をおこなったマイナーチェンジモデルが登場しています。

 今回、5シリーズが日本で発売されて50年を迎えることを記念し、特別な内外装を持った50th Anniversary Edition(以下50周年記念車)が発売されました。

 50周年記念車は、2リッター直列4気筒ディーゼルターボエンジンを搭載する4WDモデル「523d xDrive」とそのステーションモデル「523d xDrive Touring」、また2リッター直列4気筒ガソリンエンジンとモーターを組み合わせるPHEVモデル「530e」がベースとなっています。

 ボディカラーはオーダーメイドプログラムの「BMW インディビジュアル」仕様に用意される「タンザナイト ブルー」を採用。インテリアは「50th Anniversary」の専用バッジとともにアイボリーホワイトのナッパレザーを組み合わせ、内外装でBMWのブランドカラーである青と白を象徴しているといいます。

 そのほか、20インチホイールや、ハーマン・カードンサウンドシステムや前後左右でエアコンの調整が可能な4ゾーンエアコンなどを特別装備しています。

 BMW 5シリーズ 50周年記念車の価格(消費税込)は945万円から983万円に設定され、全車右ハンドル車です。

 なお納車は2023年1月下旬以降を予定しています。

BMW・5シリーズ のカタログ情報を見る

【画像】特別仕立ての「オシャ内装」が魅力! 日本登場50年を祝う「5シリーズ」特別仕様車を画像で見る(17枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

【2022年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント