北陸道にも接続する「新潟中央環状道路」3月延伸! 高速・国道・県道をヨコにつなぐ便利路線

新潟中央環状道路の国道8号~国道116号間が1本に。北陸道や県道2号とも接続する便利な幹線が誕生します。

北陸道の黒埼スマートICと接続

 新潟市は2023年1月18日、整備を進めている新潟中央環状道路のうち、国道8号から国道116号までを結ぶ約9kmの区間が3月25日に開通すると発表しました。

北陸道をまたぐ新潟中央環状道路のくろさき茶豆大橋(画像:新潟市)
北陸道をまたぐ新潟中央環状道路のくろさき茶豆大橋(画像:新潟市)

 新潟中央環状道路は、新潟市の北区を起点に江南区・南区・西区を経由し西蒲区に至る延長約45kmの幹線道路です。半分ほどの区間が開通しており、全線がつながると新潟市郊外を半円状に結びます。

 今回開通するのは、中ノ口工区の一部と黒埼工区、明田工区の計3.8kmです。これにより途切れ途切れだった南区上塩俵から西区赤塚までの約13kmが1本につながります。

 途中、北陸道をまたぐ「くろさき茶豆大橋」も開通。あわせて黒埼スマートICとも接続し、県内の重要幹線道路である国道8号、北陸道、国道116号、県道2号新潟寺泊線と連絡します。

 道路は2車線(片側1車線)で整備されます。

 新潟市はこの区間の開通により、地域住民の利便性向上、沿線工業団地における業務・物流の効率化、周辺観光施設への来訪者の増加が期待されるとしています。

※ ※ ※

 新潟中央環状道路の開通に合わせて、3月25日から北陸道の黒埼スマートICは運用形態が変わります。

 現在は利用時間が6時から22時まで、対象車種が中型車(車長8.5m)までに限定されていますが、3月25日からは24時間、ETC搭載の全車種が利用可能になる予定です。

【地図】スーッと東西移動!「新潟中央環状道路」のルートを見る(14枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

【2022年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 新潟市を通過したいだけなのに凄く時間が掛かるんで、新潟市の市街地を全力でスルーできる真っ直ぐな道路(自動車専用道路)を作ってください。CO2を減らせますよ。