トヨタがゴツい「1人乗りアウトドア仕様」の実車公開! 丸目ライトデザインの反響は? 「Fun・COM エクスプローラー」の特徴とは

2023年1月13日から15日の3日間にわたり開催された「東京オートサロン2023」にて、トヨタ車体は「Fun・COM エクスプローラー」を展示しました。どのような反響があったのでしょうか。

 トヨタグループのミニバン・商用車・SUVの領域で完成車両メーカーとなるトヨタ車体は、個性的な1人乗りのオフロード仕様をお披露目しました。
 
 誰もが気になるこのモデルには、どのような特徴があるのでしょうか。

こりゃカッコいい! アウトドアな超小型BEV「Fun・COM エクスプローラー」をお披露目したトヨタ車体
こりゃカッコいい! アウトドアな超小型BEV「Fun・COM エクスプローラー」をお披露目したトヨタ車体

 トヨタ車体は、ミニバンの「ノア/ヴォクシー」「アルファード/ヴェルファイア」「グランエース」「LM」、SUVの「ランドクルーザー300」「ランドクルーザー70」「LX600」、商用車の「ハイエースシリーズ」、さらに超小型BEV「コムス」などを手掛けています。

 そうしたなかでトヨタ車体は、「ランドクルーザー」のカスタマイズ・用品の専門店「ランクルBASE」を2023年央に予定していることをきっかけに、今回の東京オートサロン2023に初出展しました。

 ブースに展示される「Fun・COM エクスプローラー」は多くの注目を浴びている車両となっていますが、一体どのようなクルマとなっているのでしょうか。

 今回展示されたFun・COM エクスプローラーは、トヨタ車体が2012年から発売し、販売台数1万台を超える超小型BEV「COMS(コムス)」をベースに、ボディー部分はアウトドアやスポーツアクティビティなどに似合うスタイリングで制作されたモデルです。

 トヨタ車体のコムスは、「クルマづくりの技術と経験を生かし、新しいカタチのモビリティーライフの想像」とし、将来のために脱炭素社会の実現に向け、走行中のCO2排出をゼロにする超小型モビリティです。

 ライフスタイルに合わせて「P・COM」と「B・COM」を選択することができ、近隣への移動やビジネスシーンでも活用できるものとなっています。

 いずれの仕様も、約6時間で満充電が可能であり、1回の充電でかかる電気代は約159円とされています。

 また、車検や車庫証明、重量税も不要であるため、非常にコスパが良いのもメリットのひとつです。

 そんなコムスをベースにしたFun・COM エクスプローラーは、環境にやさしいだけでなく、乗る人にもっと「Fun」を訴求し、超小型モビリティに新たな価値を提供するものとなっています。

 今回出展されたものは、ベース車型式は2018年式の「ZAD-TAK30」が採用されており、モーターは最高出力0.8ps、最大トルク40Nmを誇る「TA-01」となり最高速は60km/hです。

 サスペンションはフロントが「マクファーソン式コイルスプリング」、リアが「後端配置トーションビーム式コイルスプリング」が採用されています。

 また、ホイールはエム・エル・ジェイの「XTREME-J」、タイヤはミシュランのものが装着されています。

 ベースとなっているコムスよりもスポーティーな印象を受けるFun・COM エクスプローラーですが、このドレスアップに使用されているパーツはすべてトヨタ車体オリジナルのものとなっています。

 トヨタ車体はFun・COM エクスプローラーについて「高い開放感による『ワクワク・ドキドキ』感と、中古車活用による循環型社会への貢献を両立させることで、ツーリングや日常の移動、非日常を高めるレジャー施設での運用などに幅広くご利用していただけます」と説明しています。

 そうしたなかで、Fun・COM エクスプローラーに対して、ユーザーからはどのような反響があるのでしょうか。

 会場で実車を見たユーザーからは「これまでの小型モビリティはどちらかというのシンプルなイメージでしたが、これなら趣味で乗るにも良いかもしれないですね」、「最近オフロードカスタムみたいなのが流行っていると思いますが、こんな1人乗りなら乗ってみたいです」というような声が聞かれました。

 またSNSでも「田舎でのんびり過ごすときの足車候補としていい感じ。私はかなり好きです」、「Fun・COM エクスプローラー、素敵」、「このコムス、めちゃくちゃカッコいいね」と、さまざまなユーザーから好印象の声が挙げられています。

【画像】こりゃカッコいい! マジ欲しい… トヨタ車体の1人乗りオフロード仕様を見る!(18枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

【2022年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント