スズキ新型「ジムニー5ドア」登場! 3ドアとは「顔つき」に違いあり!? 地味な差異にSNSでは早くも賛否両論

2023年1月12日、スズキのインド法人マルチ・スズキは新型「ジムニー 5ドア仕様」を世界初公開しました。5ドアボディとなった点以外にも、フロントフェイスが一部異なっているようです。

話題沸騰の「ジムニー5ドア」 「顔つき」の違いは賛否あり?

 スズキのインド法人マルチ・スズキは、ニューデリーで開催された「オートエキスポ2023」にて、新型「ジムニー(5ドア仕様)」を世界初公開しました。
 
 新たにリアドアを備えたロングボディが注目のひとつですが、フロントフェイスも一部異なるようです。

ちょっぴり迫力アップ? 3ドアと異なる新型「ジムニー5ドア」の顔つき
ちょっぴり迫力アップ? 3ドアと異なる新型「ジムニー5ドア」の顔つき

 ジムニーは1970年に登場。軽自動車枠に収まるコンパクトなボディに、ラダーフレームや副変速機付きの4WDシステムを採用し、トヨタ「ランドクルーザー」や三菱「パジェロ」などの大型四輪駆動車にも引けを取らない悪路走破性を持つ小型四輪駆動車です。

 1981年登場の2代目モデルは、ボディおよびエンジンを拡大し、軽自動車の枠を超えた小型車モデル「ジムニーシエラ」を新設定するとともに、海外でも販売を開始。シリーズではこれまでに199か国で販売され、累計30万台以上を販売したといいます。

 現行型となる4代目モデルは2018年に登場しました。丸形ヘッドライトにスクエアなボディデザインを採用するなど、原点回帰したようなスタイリングですが、新たに先進運転支援「スズキセーフティサポート」を用意し、安全性能が向上しています。

 2023年1月12日にインドで開催された「オートエキスポ2023」では、後部にリアドアが追加された新型「ジムニー5ドア」が登場。以前から利便性や積載性の高い5ドアロングボディ車の設定を望む声も多かったことから、公開時にはSNSなどで大きな話題となりました。

 マルチ・スズキの公式サイトでは、すでに新型ジムニー5ドアの詳細についてカタログが掲載されています。

 エクステリアにおいて、3ドア車(ジムニーシエラ)と新設定の5ドア車との違いでもっとも異なる点は、やはり全長435mm・ホイールベースが340mmのロングボディとなり、後部にドアが設けられている点です。

 しかしフロントフェイスに着目すると、じつは顔つきの印象も少し異なっています。

 ジムニーの特徴でもあり歴代モデルから続く5連ダクトの「5スロットグリル」が、3ドア車ではブラック1色となっているのに対し、新しく登場した5ドア車ではメッキの加飾が追加されています。

 インド仕様車のカタログでは、「クロームプレート付きガンメタルグレーグリル(Gunmetal Grey Grille with Chrome Plating)」として明記されています。

 3ドア車ではブラックでまとめられているためタフで無骨な印象に対して、5ドア車のメッキ加飾は5つのダクトすべてに施され、光沢により迫力が増しています。

 SNSではこの差異について気づいているユーザーも多い様子で、「メッキグリル新しい!」と肯定する意見や、反対に「メッキパーツがダサイ…」と無骨なイメージのままで登場して欲しかったユーザーもいるようで、賛否両論となっています。

※ ※ ※

 マルチ・スズキは新型ジムニー5ドアについて、2023年度から順次販売開始を予定しており、アフリカ、中南米などに輸出する予定だと明かしています。

 日本国内の展開については公表されていませんが、早速話題となっていることや5ドアを多くのユーザーが待ち焦がれていたことから、国内販売について期待が寄せられています。

スズキ・ジムニー のカタログ情報を見る

スズキ・ジムニーシエラ のカタログ情報を見る

【画像】ちょいイメチェンした「ジムニー5ドア」 何が違う? 地味だけど迫力増した「顔つき」を画像で見る(26枚)

24時間ネット購入OKの中古車って?【PR】

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント