2022年もっとも売れたトヨタ車は「ヤリス」にあらず!? 真の1位は「ルーミー」「ライズ」? 強さの陰に「ダイハツ」あり

日本自動車販売協会連合会(自販連)が、軽を除く2022年の年間販売ランキングを発表しました。1位はトヨタのコンパクトカー「ヤリス」ですが、そのなかには小型SUV「ヤリスクロス」も含むため、純粋に単一車種で考えれば「ルーミー」「ライズ」の台数が浮上してきます。

「ヤリス」の販売台数には派生モデルも含まれる

 2023年1月11日、日本自動車販売協会連合会(自販連)は、軽自動車を除いた2022年1月から12月までの新車販売ランキングを発表しました。
 
 1位は、1年間で約16万8600台を販売したトヨタ「ヤリス」でした。しかしこのデータには注釈が必要となります。どういうことでしょうか。

実は「ヤリス」シリーズより売れている!? 2022年に販売ランキング上位入りしたトヨタの人気小型車2モデル[左はコンパクトハイトワゴン「ルーミー」/右はコンパクトSUV「ライズ」]
実は「ヤリス」シリーズより売れている!? 2022年に販売ランキング上位入りしたトヨタの人気小型車2モデル[左はコンパクトハイトワゴン「ルーミー」/右はコンパクトSUV「ライズ」]

 自販連が発表した昨年2022年のナンバー1はトヨタの「ヤリス」。続いて約13万1500台の「カローラ」、そして約11万台の日産「ノート」です。

 そして、4位と5位にはトヨタのコンパクトハイトワゴン「ルーミー」(約10万9000台)、コンパクトSUV「ライズ」(約8万3600台)がランクインしました。

 ここで注意してほしいのは、ヤリスとカローラは、その半数ほどがコンパクトSUVの「ヤリスクロス」や「カローラクロス」といった派生モデルの分も含んでいる数値だということです。

 例えば、コンパクトカーのヤリスが約8万2800台なのに対し、ヤリスクロスが約8万2680台(ともにトヨタ調べ)と、詳しく車名別に分けたならば、累計販売台数は半減してしまうのです。

 そういう意味でノートも、上級版「ノートオーラ」など複数のバリエーションを含んだ数値となります。

 その一方で、単一モデルであるルーミーとライズは、2モデル合計で考えるとヤリス連合を超える19万台以上に及び、こちらも驚くべき販売規模です。

 なんといってもルーミーは7年も前の2016年のデビューですし、ライズも2019年の発売。もう4年も前のモデルになるのです。

 ちなみに、昨年2021年の年間販売ランキングを見ると1位ヤリスに続いて、2位がルーミー、ライズは6位でした。

 さらに一昨年の2020年は、2位がライズ、6位にルーミーが並びます。

 どちらも一旦は順位を落としながらも、その後順位を上げるほど健闘している「強い存在!」といえるでしょう。

 ではルーミーとライズが売れ続ける理由は、どこにあるのでしょうか。

 まず、前提として知っておいてほしいのが、ルーミーとライズは、トヨタ製ではないということです。

 この2モデルは、トヨタの子会社となるダイハツが開発し生産しています。それをトヨタにOEM供給しているのです。

 そしてダイハツは、軽自動車をはじめとする小さなクルマを得意とする自動車メーカーです。その小さなクルマを造るためのノウハウがルーミーとライズには注がれています。

 軽自動車のノウハウが使われているルーミーとライズには、他のトヨタ車と決定的に異なる点があります。

 それは「小さいのに、室内が広い」ということ。これは、軽自動車の歴史も関係しています。

【画像】実は「ダイハツ」製!? トヨタの人気小型車「ルーミー」「ライズ」を写真で見る(25枚)

24時間ネット購入OKの中古車って?【PR】

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント