トヨタ新型SUV「フロントランダー」を発表! 最新ハイブリッド&コネクテッド搭載、中国導入へ

トヨタは「カローラクロス」の中国向け姉妹車「フロントランダー」のマイナーチェンジモデルを広州モーターショー2022にて発表しました。

第5世代THS搭載のカローラクロス姉妹車「フロントランダー」を発表

 2022年12月30日より開催された広州モーターショー2022にて、トヨタは「カローラクロス」の中国向け姉妹車「フロントランダー」のマイナーチェンジモデルを発表しました。

トヨタ新型「フロントランダー」がマイナーチェンジして新たに発表された!
トヨタ新型「フロントランダー」がマイナーチェンジして新たに発表された!

 カローラクロスは2020年7月にタイで初めて公開され、その後、2021年9月に日本でも発表、発売されました。

 カローラシリーズ初めてのSUVということで実用性を重視した設計となっており、日本でも納車まで長い時間を要する大人気モデルとなっています。

 そして中国ではカローラクロスに加え、姉妹車の「フロントランダー(中国語名:峰蘭達)」が展開されています。

 日本の自動車メーカーが中国にて合弁会社をふたつ以上有する場合は、それぞれの合弁会社から同じ車種をデザインが少し異なる姉妹車としてリリースする傾向にあります。

 カローラクロスの場合、本家カローラクロスは第一汽車との合弁「一汽トヨタ」、フロントランダーは広州汽車との合弁「広汽トヨタ」がそれぞれ製造・販売を担当しています。

 これ以外にも、「カローラ/レビン」、「アリオン/レビンGT」、「イゾア/C-HR」、「クラウンクルーガー/ハイランダー」、「RAV4/ワイルドランダー」、「ハリアー/ヴェンザ」、「グランビア/シエナ」、「クラウンヴェルファイア/アルファード」などが、それぞれ一汽トヨタ/広汽トヨタで展開されています。

 中国向けのカローラクロス/フロントランダーにおいては初めに広汽トヨタのフロントランダーが2021年11月に発表されました。

 フロントランダーのデザインは日本でもお馴染みの上部グリルが埋まっているフロントマスクを採用する一方、遅れて登場した一汽トヨタのカローラクロスは東南アジア向けや欧州向け、北米向けの「L」「LE」「XLE」グレードで採用されている大きめのグリルとなります。

 カローラクロスは2022年10月に欧州市場でマイナーチェンジが発表され、トヨタが開発する最新ハイブリッドシステムの「第5世代THS」を搭載しました。

 トヨタ・ハイブリッド・システム(THS)は1997年のプリウス登場以来、世代を増すごとに進化を遂げてきており、現行の第5世代目は2022年1月登場のノア/ヴォクシーで初搭載。

 新たに「トヨタシリーズパラレルハイブリッド」と改称されたこのシステムは、パワーコントロールユニット(PCU)などの電動モジュールを刷新し、29%の損失低減を実現させました。

 また、搭載バッテリーもニッケル水素電池からリチウムイオン電池へと置き換え34%の小型化や44%の軽量化に成功。

 モーターとエンジンを合わせた総合出力においては、1.8リッターモデルで12%、2リッターモデルで6%の向上となります。

 広州モーターショー2022ではこのフロントランダーに加え、レビン(カローラの姉妹車)、そしてレビンGT(レビンのロングホイールベース版)も第5世代THS搭載モデルが発表されました。

 そして2023年までに順次シエナ、ヴェンザ(ハリアーの姉妹車)、ワイルドランダー(RAV4の姉妹車)、C-HR、カムリ、ハイランダーに搭載し、全部で9車種に増やしていくことも発表されています。

【画像】このデザイン見たことある? 新型SUV「フロントランダー」を見る!(28枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

1 2

【2022年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント