めちゃ速そう!? トヨタ新型「プリウス」の“パフォーマンス”を向上させる「GRパーツ」登場!

2023年1月10日、トヨタ 新型「プリウス」のハイブリッド車発売にあわせ、TRD(Toyota Racing Development)は、新型プリウス用GRパーツを発売しました。これらのパーツは、エクステリアだけでなく実際の走行性能も向上させるといいます。

早速出た!新型「プリウス」のカスタム仕様

 2023年1月10日、トヨタ 新型「プリウス」のハイブリッド車発売にあわせ、TRD(Toyota Racing Development)は、新型プリウス用の純正アクセサリーとして「GRパーツ」を発売しました。

【画像】見た目も走行性能も向上! トヨタ新型「プリウス」GRパーツ仕様車を画像で見る(61枚)

TRD(Toyota Racing Development)から登場したトヨタ新型「プリウス」のGRパーツ装着車
TRD(Toyota Racing Development)から登場したトヨタ新型「プリウス」のGRパーツ装着車

 プリウスは、「21世紀に間にあいました。」のキャッチコピーで1997年に誕生した、世界初の量産型ハイブリッドカー。これまでに4世代のプリウスが販売されグローバル累計販売台数は約505万台にのぼります。

 誕生から25年間たった2022年に誕生した5代目となる新型プリウスは、強みである高い環境性能に加え、『一目惚れするデザイン』と『虜にさせる走り』を兼ね備えたクルマを目指して開発がおこなわれました。

 ボディサイズは、全長4600mm×全幅1780mm×全高1430mm、ホイールベースは2750mmと、先代モデルと比較して全長は25mm、全幅は20mm、ホイールベースは50mm拡大しています。

 エクステリアでは、プリウス独自のアイコンである「モノフォルムシルエット」を引き継ぎながら、第2世代TNGAプラットフォームによる、さらなる低重心化や、19インチ大径タイヤの採用によって、よりスタイリッシュなプロポーションへ進化。

 インテリアは、「アイランドアーキテクチャー」コンセプトにより、圧迫感のない広々とした空間と運転に集中しやすいコックピット感覚を両立しています。

 パワートレインには、1.8リッターエンジンもしくは2.0リッターエンジン+ハイブリッドシステム(HEV)と、2.0リッターエンジン+プラグインハイブリッドシステム(PHEV)の3種類を用意していますが、1月10日に発売となったのは、このうちHEVモデルのみです。

 価格は、1.8リッターエンジン搭載の「X」の2WDが275万円から、2.0リッターエンジン搭載の「G」の2WDが320万円からです。

※ ※ ※

 GRパーツは、“モータースポーツからのフィードバック”というTOYOTA GAZOO Racing(GR)の理念を形にしたトヨタ純正のアクセサリーパーツ。「GRヤリス」などのモータースポーツ直系スポーツカーブランド「GR」シリーズや、拡販スポーツモデルとなる「GRスポーツ」専用のパーツに加え、標準グレードに装着できるパーツが存在します。

トヨタ・プリウス のカタログ情報を見る

【画像】見た目も走行性能も向上! トヨタ新型「プリウス」GRパーツ仕様車を画像で見る(61枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

【2022年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント