「タフ感」炸裂のトヨタ「RAV4 オフロード仕様」公開! “スポーティエアロ仕様”も登場!? 豊田自動織機がオートサロン展示内容を発表

豊田自動織機は、2023年1月13日から3日間開催される「東京オートサロン2023」の出展概要を発表しました。3台の「RAV4」を展示するといいますが、どのような仕様なのでしょうか。

カスタム仕様の「RAV4」を3タイプ展示

 トヨタグループの豊田自動織機は、2023年1月13日から15日までの3日間、千葉市美浜区の幕張メッセで開催される「東京オートサロン2023」の出展内容を2022年12月28日に発表しました。
 

トヨタ「RAV4」PHEVモデルをタフ感マシマシにカスタム!
トヨタ「RAV4」PHEVモデルをタフ感マシマシにカスタム!

 豊田自動織機は、トヨタ車の一部モデルの生産を担当するほか、エンジンやフォークリフト、自動車部品の生産をおこなっています。

 なかでも2019年に登場した人気クロスオーバーSUVの「RAV4」は、企画・デザイン・設計など製品開発段階から関わっており、生産もおこなっているといいます。

 今回展示されるのはRAV4のうち、新開発のプラグインハイブリッドシステムを搭載するPHEVモデルを、オフロードとオンロードでそれぞれ異なる魅力を表現したというカスタムを施した3台です。

「PHEV-ADVENTURE」は、ガソリンモデルとハイブリッドモデルのみの設定でPHEVモデルには設定がないグレード「アドベンチャー」専用パーツを装着。押し出し感のあるフロントグリルや大型スキッドプレート、フォグランプベゼルを装備することで、SUVらしいタフで力強いイメージを持たせています。

「PHEV-OFFROAD PKG」はアドベンチャー仕様をさらにオフロードテイストに仕上げ、グリルの下部に追加されたランプや各タイヤの後部に装着されるマッドフラップ、大型のルーフレールとその上に装着されるルーフラックが特徴です。

 一方で、オンロード向けにカスタムが施された「PHEV-SPORTY PKG」はフロントバンパー下部のスポイラーやボディ同色となったフェンダーアーチモール、ドア下部のパネルなどが特徴で、ピラーより上部はブラック塗装となり全体的にスポーティな装いとなっています。

トヨタ・RAV4 のカタログ情報を見る

【画像】「ゴツ感」炸裂しすぎ! 「カスタムRAV4」がめちゃイケてる! 通常のPHEVモデルとどう違う? 3種類のカスタム車を画像でチェック(46枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー