めちゃカッコいい! トヨタ新型「ハリアーPHEV」加速スゴいとSNSで反響! 普通のハリアーとどう違う?

トヨタ「ハリアー」にPHEVが新設定されました。ハリアーの最上級モデルとなるハリアーPHEVはどのようなモデルなのでしょうか。

PHEV専用の内外装がイケてる!

 トヨタの人気SUV「ハリアー」にプラグインハイブリッドモデル(PHEV)が追加され、2022年10月に発売されました。

 4代目ハリアーの「Z」グレードをベースにPHEVを搭載した同モデルは、どのような特徴があるのでしょうか。通常のハリアーと比べてみます。

専用内外装が奢られたトヨタ「ハリアーPHEV」
専用内外装が奢られたトヨタ「ハリアーPHEV」

 ハリアーPHEVの外観で特徴となるのは専用グリルを装着するところです。通常のハリアー(ガソリン車・ハイブリッド車)のグリルが横基調のブラックグリルなのに対し、ハリアーPHEVはツヤありブラック塗装のメッシュグリルを採用。

 また、ドラミラーやリアルーフスポイラーのサイドにブラックを採用する点もハリアーPHEVならでは。リヤバンパーのメッキモールはスモークメッキを採用し、存在感がありながら、上質なエクステリアデザインを実現しています。

 さらに、細かいところでは、ガソリンの給油口とは別に充電口が備わっていたり、「PLUG-IN HYBRID」の専用バッジが配されました。

 ボディカラーには、PHEV専用の「グレーメタリック」を含む4色が用意されています。

 内装は、インパネからドアトリムにかけて、金属メッシュ質感のダークレッドパイピングオーナメントを採用。

 シート表皮は、通常ハリアーの最上級グレード「Z レザーパッケージ」と同じく本革とし、パワーシートを装備。運転席・助手席にシートヒーター+ベンチレーションが備わるのも同様ですが、ハリアーPHEVでは後席にもシートヒーターが装着されました。

 パワートレインは2.5リッターエンジンと総電力量18.1kWhのプラグインハイブリッドシステムを搭載したハリアーPHEVはEV走行が可能で、WLTCモードで93kmの航続距離を達成。モーターが走行性能を高めるとともに、低重心による優れた操縦安定性を実現しています。

 駆動方式は、フロントとリアにそれぞれ駆動用モーターが搭載されるE-Four(四輪駆動)です。

 燃費は、ハリアー ハイブリッド(E-Four)の21.6km/Lに対し、ハリアーPHEVは20.5km/Lと、数値上ではハリアー ハイブリッドに軍配が上がります。

 ハリアーPHEVの車両重量がハイブリッド車よりも200kgほど重いことが影響しているようですが、EVモードで93km走行可能ということもあり、実質的には低燃費であるといえそうです。

 また、最大1500W(AC100V)の外部給電システムや後席シートヒーター、床下透過表示機能付パノラミックビューモニターを標準装備するなど、ハリアーの最上級グレードとしての機能も充実しました。

 ハリアーPHEVを見たり、試乗した人の声がSNSに投稿されています。

「ハリアーPHEVエクステリアも差別化されてるのね。バカかっこいいじゃん」「ハリアーPHEV全色確認しましたが、ブラックのエアロなしが最高でした」「プラチナホワイトのハリアーPHEVの走る姿を初めて拝見しました。ロアグリルのメッシュカッコイイではないか」とデザインがカッコいいという声が見受けられました。

 実際に運転した人からは「ハリアーPHEVの出足の軽さハンパないっ!」「ハリアーPHEVの試乗してきた! 最高だった」「ハリアーPHEVは、静かな室内、怖くなるほどの加速。高速走行がこんなに楽なのだと感じさせてくれる頼もしい装備の数々…」など、走りがスゴいといった感想が寄せられています。

 そして、ガソリン車とハイブリッド車が長期間の納車待ちとなっているなか、後から登場したハリアーPHEVがすでに納車された人もいるようです。

 これに対して、ガソリン車やハイブリッド車の納車待ちの人からは不満の声も。「ハリアーの契約から14か月たったけど納車の連絡が来ない。PHEVを納車してる人もいるのにどうなってんだろ?」「ハリアー ハイブリッドを物凄く納車待ちしてる人達いるのに何故にハリアーPHEVのほうが納車早いんだ?」といった書き込みもありました。

※ ※ ※

 ハリアーの最高峰グレードということもあり、ハリアーPHEVの価格は620万円と、ハリアー ハイブリッドの最上級グレードの514万8000円よりも100万円以上高い設定となっています。

 とはいえ、専用の内外装や装備に加え、モーターによる加速の良さやEV走行可能な点など、100万円の差額を埋める価値は十分にあるといえそうです。

トヨタ・ハリアー のカタログ情報を見る

【画像】イケメンすぎる! ハリアーの最高峰「PHEV」デザインも走りもカッコ良すぎた!(30枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

【2022年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント