豪華な「オシャレ」内装が「なぜか気になる…」新型高級SUV「CX-60」にマツダが仕掛けた「ワザ」の正体とは

新世代ラージ商品群第1弾としてマツダが2022年9月に発売した新型「CX-60」は、内装の豪華さやオシャレな仕立てで話題を呼んでいます。多くのユーザーを惹きつけるためにマツダが仕掛けた「ワザ」について紹介します。

「オシャ」なマツダ車のなかでもとくに抜きん出た「インテリア」の上質感

 2022年9月に発売されたマツダのプレミアムSUV、新型「CX-60」は、新設計のパッケージングレイアウトや豊富なパワートレイン群など様々な特徴をもちますが、なかでも多くのユーザーから注目を集めているのが、豪華でオシャレな内装デザインです。

 これからの時代をけん引する役目を果たす重要車種に対し、マツダが内装デザインなどに込めた「ワザ」とは一体どのようなことなのでしょうか。

新型高級SUV「CX-60」は、オシャレな内装をもつ車種が多いマツダ車のなかでもとくにインテリアの質感が高いと評判を集めています[写真はマツダ 新型「CX-60 プレミアムスポーツ」のインテリア]
新型高級SUV「CX-60」は、オシャレな内装をもつ車種が多いマツダ車のなかでもとくにインテリアの質感が高いと評判を集めています[写真はマツダ 新型「CX-60 プレミアムスポーツ」のインテリア]

 新型CX-60は、いろいろな魅力を備えたクルマです。ルックスの良さ、直列6気筒エンジンの気持ち良さ、FRプラットフォームが生み出す走りの楽しさなどが魅力として挙げられます。

 そのなかのひとつに「インテリアの良さ」も入っているでしょう。なぜなら新型CX-60のインテリアの上質感は、マツダの車のラインナップの中でも、抜きんででいるからです。

 新型CX-60には、2.5リッターガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.5」搭載の「25S」、3.3リッターディーゼルターボ「SKYACTIV-D 3.3」搭載の「XD」、3.3リッター 6気筒ディーゼルターボエンジンとマイルドハイブリッドを組み合わせたe-SKYACTIV D搭載の「XD-HYBRID」、プラグインハイブリッドシステム「e-SKYACTIV PHEV」搭載の「PHEV」と、パワートレインごとに基本グレードが用意されています。

 パワートレインごとに組み合わせは異なりますが、その基本グレードの下に「Sパッケージ」「Lパッケージ」「エクスクルーシブ モード」「エクスクルーシブ スポーツ」「エクスクルーシブ モダン」「プレミアム スポーツ」「プレミアム モダン」といった多数のパッケージが用意されています。

 ところが、この各パッケージのほとんどに、レザー、もしくはナッパレザーのシートが採用されています。むしろクロスなのは「XD」のスタンダードと「Sパッケージ」だけ。

 さらに通常のレザーシートは「Lパッケージ」だけで、それ以外はすべてワンランク上の高級なナッパレザーシートが採用され、なかでも「XD-HYBRID」と「PHEV」は全車がナッパレザーという構成です。

 つまり、用意されたグレードラインナップの大多数が、高級なナッパレザーシート装着車となっているのです。

 またレザーシート、もしくはナッパレザーシートのグレードは、インパネもドアトリムもアームレストも合成皮革でカバーされています。

 つまり乗員が触れるほとんどの部分に、レザーや合成皮革など柔らかな素材が張られているというわけです。

 しかも、最も豪華なプレミアム スポーツとプレミアム モダンの各グレードでは、本杢のドアパネル加飾や、スエード調の人工皮革「レガーヌ」を張ったインパネデコレーションなども用意されゴージャスな仕様となっています。

 そしてなによりもすごいのが、新型CX-60のインテリアは、そうした高級素材が見事にデザインと融合しているところでしょう。

 ただ単に「豪華だ!」「高そう!」というだけでなく、デザインも負けていないのです。

 こうした新型CX-60のインテリアデザインの良さには理由があります。

 それは、マツダが推進しているデザインコンセプト「魂動(こどう)デザイン」の存在です。

 マツダは、自社で開発する大小すべてのモデルが魂動デザインの思想をもとにデザインしています。

 どんなクルマでも、デザインにあたりまずコンセプト(基本的な概念、全体を貫く考え方)が用意されますが、すべてのモデルを統一したコンセプトでデザインするのは、なかなか他社には見られません。

 しかもマツダは魂動デザインの考え方を2010年から一貫して掲げているのです。10年以上も同じコンセプトをブレずに継続すれば、当然、デザインも洗練されることでしょう。

 デザイナーもエンジニアも企画も営業も工場の製造部門も、すべてのクルマの開発に関わる人たちが、すんなりと一方向に力を合わせやすくなります。

 そういう意味で新型CX-60のデザインは、過去10年以上継続してきた魂動デザインの最高到達点ともいえる存在といえ、評価が高いのも当然のことではないでしょうか。

【画像】「オシャレ内装」なら日本車随一!? マツダ 新型SUV「CX-60」の内外装写真を見る(30枚)

24時間ネット購入OKの中古車って?【PR】

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. おしゃれ度・日本車随一とは言っても、この程度ですね。DSのおしゃれ度は半端ではなく、比較するものでもないですよ。(DS登場で、シトロエンから変更して以来の愛車です)