トヨタ最高級SUV「センチュリークロス」にマツダの「ミニバン」!? 実現したら「欲しい」! 切望される“予想”レンダリング3選

2017年10月に行われた東京モーターショーで初公開されたトヨタ「センチュリー」。トヨタの「日本を代表するショーファーカー」として存在する高級セダンですが、クルマのバーチャルチューナーであるTheo throttle氏はSUV仕様に変え「センチュリークロス」として投稿しています。

こんなクルマが欲しかった!? 現実になってほしい3台のレンダリング

 世界には、現実にはまだない、想像上のクルマをイメージCG(レンダリング)で提案するデザイナーやアーティストがいます。

 そんな想像が生んだレンダリングのなかには、現実に出てほしいと願われる夢のクルマが数多くあります。

 今回はそんな“現実になってほしい”レンダリングを3台紹介します。

トヨタ「センチュリー」をSUV化したレンダリング(photo:Theo throttle)
トヨタ「センチュリー」をSUV化したレンダリング(photo:Theo throttle)

ホントに出ちゃう? センチュリーSUV

 センチュリーは1967年に登場し、「日本を代表するショーファーカー」として、各界のエグゼクティブに愛用されてきたトヨタ最上級セダン。現行モデルは2018年6月に、21年ぶりのモデルチェンジを果たした3代目モデルです。

 クルマのバーチャルチューナーであるTheo throttle氏は、そんな3代目センチュリーを“SUV化”したレンダリングを公開しています。

「センチュリークロス」と名付けられたレンダリングでは、3代目センチュリーが巨大なSUV形状となっているほか、それに合わせフロント・サイド・リア下部のメッキパーツやグリルなどは大型化。車高が上げられ、ホイールもインチアップされています。

 また、左右のCピラーには、純正同様センチュリーのロゴが貼られ、フロントとリアにもセンチュリーの象徴である「鳳凰」エンブレムが配されます。

 ルーフにはSUVらしいルーフレールが装備されていますが、バンパー下部と同様にメッキ塗装されています。

 SNSなどでは、SUVスタイルのデザインについて「カッコイイ!」「すっきりしいて落ち着いていて重厚感もあって、大人のクルマという感じで良い」「ほしい!」など称賛する声が多数みられます。

 また、一部メディアでは、センチュリーのSUVについて2023年にも登場するとの報道もあり、その登場に期待がかかっています。

欲しいけど実現は難しすぎる? 次期型「プレマシー」

 プレマシーは、1999年にデビューしたマツダのミニバン。初代モデルは後席側もヒンジドアの5ナンバーサイズミニバンでしたが、2代目以降は後席両側スライドドアを採用し使い勝手を向上。大きさも3ナンバーサイズとなりました。

 2010年に発表された3代目モデルが販売終了になると、2022年12月現在まで4代目となるモデルは存在しておりません。またマツダにはMPVやビアンテなど他にもミニバンが存在しましたが、いずれも販売を終了しており、現在マツダにミニバンはありません。

 そんななか、オートモーティブデザイナーのAndras Veres氏が考えたのが、次期型プレマシーです。

 次期型プレマシーのレンダリングでは、ルーフが低めなミニバンという基本スタイルを継承し、初代同様、後部ドアにはヒンジドアが採用されています。

 フロントフェイスは「MAZDA6」のようなデザインになっており、まさに現代のマツダを感じる顔つきです。

 このクルマに対しSNSでは、「あれば買ってるのに」「もしものクルマですが、マツダの開発陣には見てもらいたい」など好評な意見が多数ある一方で、「日本国内しかニーズがないようなミニバン系に再び手を出すことはない」など、「マツダのミニバン」は現実的に厳しいという意見も多くあり物議を醸しました。

 非現実のレンダリングであり事実無根ですが、「マツダのミニバン」という観点から「国内向けのクルマ開発の難しさ」というところまで議論が発展したようです。

【画像】トヨタ「センチュリーSUV」! マツダの「ミニバン」! 旧車顔の新型「フェアレディZ」!実現してほしいレンダリングの画像を見る(97枚)

24時間ネット購入OKの中古車って?【PR】

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント