日本のスポーツモデルをアメリカ人が狙ってる!? 中古車価格”爆上がり”直前の国産モデル3選

日本製のスポーツカーや旧車が、一部のアメリカ人の間で熱狂的な人気となっています。 製造から25年経過したクルマはアメリカで自由に乗れるため、次々と日本のネオクラシックが狙われています。

アメリカの「25年ルール」でちょい古スポーツカーが狙われる!?

 人気映画『ワイルドスピード』シリーズや、ドリフトの「D1グランプリ」の海外進出などの影響で、アメリカで日本製のネオクラシックなクルマが一部で熱狂的な人気になっています。
 
 この人気は「25年ルール」と呼ばれるものが一因になっているのですが、アメリカでは輸入車に対して厳しく、正規で輸入されなかったモデルは一定期間の間上陸が許されないという決まりがあります。
 
 日本車のような右ハンドル車も、アメリカの国土安全保障省が定める安全基準に適合しないのですが、製造から25年経てば「クラシックカー」の扱いとなり、右ハンドルでも保安基準の例外として輸入可能になるのです。
 
 今回は、この25年ルールで輸入解禁されるクルマのなかから、アメリカ人が狙っていて、なおかつプレミア価格になりそうな国産車を紹介します。

かつて不人気といわれるも中古車高騰中の日産「スカイライン GT-R」(R33型)
かつて不人気といわれるも中古車高騰中の日産「スカイライン GT-R」(R33型)

●日産「スカイライン GT-R」(R33型)

 日産の名車「スカイラインGT-R」は、バブル真っ只中の1989年に2.6リッターターボと当時最先端だった四輪駆動システム「アテーサE-TS」や後輪制御システム「スーパーHICAS」を組み合わせて「GT-R」(R32型)が復活。

 さらに当時の人気レース「グループA」へ参戦し、圧倒的な速さで勝利を積み重ねたことで新たな伝説を築きました。

 このR32型の後継モデルとして1995年に誕生したのが、GT-Rとしては4代目に当たるR33型です。

 R32型の大ヒットを受けて、さらに快適性を加えようと全長は130mm、ホイールベースは105mm拡大。さらにRB26DETTエンジンも表向きの数値こそ280馬力ですが、実際は300馬力を発揮していたとまで噂されるほど熟成されています。

 しかし大型化されたボディとソフトになったデザインが市場では評価に繋がらず、ほかの世代のGT-Rと比べると人気はイマイチでした。

 そんな一時は「不人気」のレッテルを貼られたR33型も、すでに25年ルールに当てはまっているため価格は高騰中。1995年の初期モデルでも500万円超の値がついています。

【画像】貴重な国産スポーツカーが海外流出の危機! スカイラインGT-RやRX-7も価格高騰中!

24時間ネット購入OKの中古車って?【PR】

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント