「SUVならどんな悪路も走れる」は間違い!? 4WDの過信は危険! 悪路走行時の注意点とは

高い最低地上高と4WDで悪路走破性の高さが魅力のSUVですが、その性能を過信して、どこでも走れると勘違いしてしまうユーザーもいるようです。オフロードや悪路を走るときはどのようなことに注意すれば良いのでしょうか。

SUVの性能を過信しすぎてトラブル発生

 近年人気のボディタイプとなっているSUVは、高い最低地上高に加えて4WDシステムが設定されていることが多く、そのおかげで悪路も走れるのが特徴のひとつです。
 
 しかしSUVの走行性能を過信するあまりに、どんな道でも走れると勘違いしてトラブルに陥ってしまうことがあるのです。

SUVはどこでも走れるわけじゃない!?
SUVはどこでも走れるわけじゃない!?

 たとえば、オフロードや砂浜など、泥や砂により摩擦力が発生しにくい路面にもかかわらず、SUVの悪路走破性を過信し、舗装路と同じような感覚で乗り入れるとタイヤが空転して前進も後進もできなくなる状態、いわゆる「スタック」が発生してしまいます。

 冬の雪道やアイスバーンといったタイヤが空転しやすい路面状況も同様で、走行中にタイヤのグリップを失うとコントロールが効かなくなり、ハンドルを切っても曲がらず、ブレーキを踏んでも止まりません。

 クルマは車軸に伝わった駆動力をホイールとタイヤに繋ぎ、路面とのグリップ力(摩擦力)を推進力として進みます。そして4WDは駆動力を4つのタイヤに配分することでさらに駆動力を発揮するシステムで、2WDより悪路に強いのは事実なのですが、タイヤのグリップ能力を超える状況になると走行不能になってしまうのです。

 悪路走破性を高めるために開発された4WDですから、ダートを駆け抜け、河原や林道でSUVの高い走破能力を試してみたくなるのも分かります。しかし、4WDだから安全ではなく、4WDでも危険な場合は多いと考えて運転する必要がありそうです。

 実際、デコボコ道の林道のほか、オートキャンプ場の河原に乗り入れたSUVがスタックしてしまうケースが多発しているといいます。

 このオフロードを走るポイントはあるのでしょうか。4WDに詳しい業界関係者のKさんに聞いてみました。

「林道と聞くと林のなかの歩きやすい道だと勘違いする人も多いのですが、ほぼ自然の状態そのままの未舗装路です。

 砂や土なら良いほうで、場合によってはぬかるんだ泥や、岩のような大きな石が散乱しているところを走るのですが、頑丈なフレームと本格的な4WD機構を搭載したクロスカントリーでも走破しにくい場所ですから、乗用車ベースのSUVがうまく走り抜けるためには細心の注意とトラブルを回避するための走行術が必要です。

 パートタイム式 4WD(2WDと4WDを任意で切り替えできるシステム)の場合、まずは未舗装路に入った時点で4WDに切り替えるのが良いでしょう。また事前にタイヤの空気圧を見ておくのも大切です。

 空気圧を下げてタイヤの設地面積を増やす方法もありますが、それは最終手段で、まずは指定空気圧を守ること。

 あとはシートポジションも背もたれを1段起こし、路面から伝わる衝撃などがあっても、ステアリングやペダル類が離されないようなポジションにしておきたいところです」

 オフロード走行ではいくつものテクニックを駆使する必要があるそうです。

「たとえばデコボコした路面の場合は、凸の部分にタイヤを乗せるようにすることで、凹んでぬかるんだ溝にはまるリスクを減らしスタックする可能性を軽減できます。

 またSUVの場合はほとんどがATでしょうから、アクセルは踏むというより添える程度で、不必要に踏み込まずにクリープ現象などを上手に活用したり、極低速での走行を心がけるのも大切です。

 とにかくスタックや横転などの危険性を減らすためにも、オフロードでは『急』のつく操作は厳禁だと覚えておきましょう」(4WD業界関係者 Kさん)

【画像】林道走るなら「ジムニー」最強!? 岩場も水辺もグイグイ進む「ランクル」がスゴすぎる!(22枚)

24時間ネット購入OKの中古車って?【PR】

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. どの記事にも言える事なのだが、走ることの方向の話ばっかりで止まる方の内容が薄い記述が多いのは何故なんだ。まさか、運転したことの無い人が執筆して居るとは思いたくないが「くるまのニュース」と冠しているんだから、総合的にみて、もうちょっと詳しい内容を期待したいのだが….。この記事で言えば、4輪駆動だから一般的な2輪駆動車に比し、走行性が高いゆえにちょっとの積雪でも走れちゃうのだが、止まる方の性能は同じなので、単に滑ってスタックよりもヒドイ状況に成り易いのが4輪駆動車だ。また、滑り出したら4輪共タイヤの行きたい方向に進むので、スピンし易い傾向にあるとも言える。ここいら辺の記事の内容は、4駆乗りに書かせるべきではないか。雇われライターでは無理があるかな。