「東京にはもうない!?」旅先で見かける「小型/中型タクシー」区分なぜ消えた?

地方のタクシーでは「小型車」(小型タクシー)「中型車」(中型タクシー)の区分がみられますが、東京など大都市圏のタクシーは「普通車」に統合される傾向にあります。東京で小型タクシーが消滅した理由はどこにあるのでしょうか。

実は細かく区分されている日本の「タクシー」

 地方の空港や駅へ降り立った時、タクシー乗り場が「小型」「中型」「大型」などと複数に区分されている場合があります。
 
 東京ではあまり意識されることがない、いわゆる「小型タクシー」区分とは、一体何のことでしょう。

「小型タクシー」用に生産が続いていた910型「ブルーバード」の後継車として1993年に誕生した日産「クルー」。2009年の生産終了後も地方を中心にいまもタクシー車両としてみることができます
「小型タクシー」用に生産が続いていた910型「ブルーバード」の後継車として1993年に誕生した日産「クルー」。2009年の生産終了後も地方を中心にいまもタクシー車両としてみることができます

 全国津々浦々を走るタクシー。そのタクシーにも、小型車、中型車などの区分があり、それぞれの料金が設定されています。

 この区分は、道路運送車両法や道路交通法における車種区分とは異なり、乗車定員・車両の大きさなどによって分けられています。

 日本のタクシーの区分はもともと、小型車/中型車/大型車/特定大型車(ジャンボ)で分けられていました。

 具体的には、小型タクシーは5ナンバー車で全長4.6m以下/乗車定員5名以下を指します。

 トヨタ「コンフォート」「カローラアクシオ」「シエンタ」「ジャパンタクシー(JPN TAXI)」、日産「クルー」「ティーダラティオ」などが該当し、中型タクシーよりも運賃が安く設定されています。

 以前はトヨタ「コロナ」「マークIIセダン」、三菱「ギャラン」、マツダ「カペラ」「カスタムキャブ」なども活躍していました。

 一方の中型車(中型タクシー)は、同じく5ナンバー車で全長は4.6m以上(なお5ナンバーの全長は4.7m以下)/乗車定員6名以下です。

 トヨタ「クラウンコンフォート」「クラウンセダン」、日産「セドリック」「NV200」などが主に見られます。

 その他3ナンバー車/乗車定員6名以下では大型車、乗車定員が7名以上は特定大型車(いわゆるジャンボタクシー)に分類されます。

【画像】小型タクシーの代名詞! 懐かしい「コロナ」「ブルーバード」タクシー仕様を写真で見る(46枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

1 2 3

【2022年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント