日産新型「セレナ」まさかの「横並びスイッチ式シフト」を新採用! 斬新デザインにユーザーからは不安の声?

2022年11月28日に、日産は新型「セレナ」を発表しました。なかでも特徴のひとつである「スイッチ式シフト」についてユーザーからはすでに多くの声が多く寄せられています。

斬新すぎる「横並びスイッチ式シフト」とは

 日産は2022年11月28日、ミニバンの新型「セレナ」を発表しました。
 
 その特徴のひとつとして、スイッチタイプの電制シフト(以下:スイッチ式シフト)が新採用されました。具体的にどんな特徴があるのでしょうか。

6代目となる新型「セレナ」(画像は新型セレナ ハイウェイスター)
6代目となる新型「セレナ」(画像は新型セレナ ハイウェイスター)

 セレナは初代モデルが1991年に登場し、それから30年もの間家族のためのミニバンとして、ファミリー層を中心に高い支持を得てきました。

 6年ぶりに登場した6代目新型セレナは、室内空間の広さや利便性はそのままに、移動時の快適性を追求。

 なかでも今回、大きな特徴のひとつに、日産として初めてスイッチ式シフトを採用し、ガソリン車・e-POWER車ともに標準装備となりました。

 これにより、スッキリとした見た目と分かりやすい操作性を実現したといいます。

 そんなスイッチ式シフトの特徴に挙げられるのは、スイッチの並び方です。

 例えば、新型セレナのライバルとなるホンダ新型「ステップワゴン」では、ハイブリッド車(e:HEV)にスイッチ式シフトを採用しています。

 新型ステップワゴンは、インテリアの真ん中に位置するディスプレイの下に、エアコンなどさまざまなスイッチが配置され、スイッチ式シフトは真ん中のやや運転席よりの場所に、上から順にP、R、N、D/Bと縦並びで並んでいます。

 一方で、新型セレナは、ステアリングすぐ横のひとつのパネルのなかにエアコンスイッチやハザードランプなどが備わり、その同じパネルの右下にスイッチ式シフトが配置。左からP、R、N、D/Bの順番で、横並びに並んでいることが分かります。

 そんな新型セレナのスイッチ式シフトについて、従来モデルと比べてスッキリとしたデザインとはいえるものの、すでに多くの意見が見受けられます。

 ユーザーからは、「エアコンの近くにボタン式シフトは怖すぎるな…」「おしゃれ優先して、これは事故起きそうだよ…」「子どもが押しちゃいそう」「使いにくそう」など、斬新なデザインから、不安や受け入れがたいという声が多く寄せられています。

 一方で、ステップワゴンに搭載されるボタン式シフトを利用するユーザーからは「慣れると使いやすいよ」の声も。

 新型セレナのスイッチ式シフトは、今後どう評価されるのか注目されます。

※ ※ ※

 なお、ガソリン車は今冬から、e-POWER車は2023年来春発売予定です。

日産・セレナ のカタログ情報を見る

【画像】斬新すぎる! 新型セレナの「横並びスイッチ式シフト」を画像で見る(31枚)

24時間ネット購入OKの中古車って?【PR】

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント