「カッコよすぎる」トヨタ新型「プリウス」は「大成功」間違いなし!? 世界から集まる「高評価」と唯一の「懸念点」とは

2022年11月16日に世界初公開されたトヨタの新型「プリウス」は、そのデザインが素晴らしいと国内外で高く評価されています。果たして新型プリウスは「売れる」のでしょうか。

トヨタ車のデザインが「大きく変わり始めている!」

 トヨタは2022年11月16日、新型「プリウス」を世界初公開しました。
 
 早くも集まる国内外での反響をもとに、今度のプリウスが世界的に成功するのかどうかについて探ります。

世界デビュー直後から絶賛の嵐!? 早くも爆売れ必至との声も大きいトヨタの新型ハイブリッドカー「プリウス」5代目モデル
世界デビュー直後から絶賛の嵐!? 早くも爆売れ必至との声も大きいトヨタの新型ハイブリッドカー「プリウス」5代目モデル

 デビューしたばかりの新型プリウスのデザインは、さっそく日本で素晴らしい評価を得ています。

 確かに、どんな基準を持ってしてもスタイリッシュで魅力的だと筆者(国沢光宏)も思います。

 こうなると気になるのが、海外での評価でしょう。

 先日おこなわれた発表会はオンライン上で全世界対象に配信されていたこともあり、さまざまな国の人からコメントが付いていました。

 読んでいくとビックリします。こんな高い評価を得た日本車は過去に記憶がなく、もはや「大絶賛」といって良いでしょう。

 もっとも多いのは「大好き!」という内容です。

 たとえば「大好き、大好き、大好き。これこそ私が待ち望んでいたハイブリッド ハッチバックです!」や「私はこのデザインが大好きです! 実車を見てレビューすることを待ちきれません!」といった具合です。

 はたまた「新しいプリウスの素晴らしい仕事(ハート×4) 私はこのデザインが大好きです!」とハートを4つ付けている、女性が書き込んだとみられるコメントもありました。

 新型プリウスのデザインは、確かにエモーショナルです。クルマとしてのカッコ良さを全て兼ね備えているといって良いでしょう。

 ここにきて、トヨタのデザインがガラリと変わったように感じます。

 2015年に登場した先代(4代目)プリウスのデザインについて振り返ると、これまた世界規模で「ugly(アグリー:みにくい、不細工な)」といわれていました。

 初代からプリウスを4台続けて買った筆者すら、初めて見た瞬間、エビのようにそのままバックして逃げ出したくなったほどです。もはやゲテモノ好きの範疇、といったらいいすぎでしょうか。

 考えてみたらトヨタのコンパクトミニバン「シエンタ」も、先代(2代目)のゲテモノ系から、2022年登場の新型シエンタでグッと愛らしいデザインになりました。

 高級車「クラウン」だって、先代(15代目)が貧弱なデザインだったのに、新型はフェラーリの最新4ドアSUV「プロサングエ」と同じような世界最先端のデザインになっています。

 この数年でトヨタのデザインの方向性が大きく変わったということだと思います。その最新作が新型プリウスなのです。

 今のところ、新しいトヨタのデザイン路線は大成功しているといって良いでしょう。

【画像】早くも「カッコいい」「欲しい」の声多数!? トヨタ 新型「プリウス」の内外装写真を見る(41枚)

24時間ネット購入OKの中古車って?【PR】

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント

9件のコメント

  1. カッコ良いか?悪いか?ということならカッコ良いとは思いますが、全体的イメージで見れば「幼稚」と言うか「子供騙し」とでも言うか
    ヘッドライトが薄目なせいで顔つきは相変わらず「陰湿」系でとても人相が悪いわけです
    海外のことは知りませんが、この日本でプリウスを乗り継いで来た中高年層、果たして平気なのでしょうか?
    このエクステリアデザインのクルマからおっちゃん・おじいちゃんが下りてくる光景はちょっと滑稽だと思いますけどね

  2. トヨタは今後も絶対に乗りませんけどこのプリちゃんはカッコいいかと思います
    ただ販売店への台数の振り分けが少なく抽選になるところもあるそうですね
    もし抽選で選ばれた人は必ず契約しキャンセルした場合は違約金を払う
    そして購入後数年間は売ったり廃車にしてはならないと条件付けすることで転売を防ぐ
    トヨタの場合車が来ないんだからこれくらいしないと客離れしますよ

  3. 「もはやゲテモノ好きの範疇、といったらいいすぎでしょうか」流石に、これを好きで買ってる人には、失礼でしょう💢

    • いや、本当に不要な言い回しだと思います。評論家?あなたは違うでしょ、国沢氏。流石に…全方位的にかなりかなり…かなり失礼だと思います。

  4. トヨタは変わりましたね。既存の客層など切り捨て、創り上げたデザインを世界に問うている気迫を感じます。先のクラウンといい組織内に大きな変化が有ったのでしょうか?最も日本車っぽいデザインのクルマづくりが、最も日本車らしくないデザインに走るようになった感じがします。

  5. 同じ車を乗り継いできた人を大切にするのも大切でしょう。
    けれど新しいユーザーを獲得することはそれ以上に大切な事ではないでしょうか。
    そうしなければ、かつてのクラウン、カローラ、コロナのように老人しか買わない車になって、車種自体が消滅することでしょう。

  6. デザインは、マツダに触発されたことは間違いないでしょう。

  7. 2021年の北米での販売台数が2位のトヨタ、頑張らないといけないと思います。但し新型ばかり人気が集中して販売台数が足りないようです。デザインは良いですね!日本の景気を引っ張ってほしいですね。日本の製造業はピンチですからね!

  8. うそでしょ。今時、ガソリン車。誰ですか? よいしょしてるのは。1年も持たない車ですよ。