わずか15年で「スライドドア」覇権ゲット!? 「ハニカミ王子」で賑わせた2007年から新車販売上位はどう変わった?

2007年と2022年、15年の間に新車の販売ランキングはどう変化しているのでしょうか。各TOP5を比べてみました。

2007年の新車販売ランキングは「軽ハイトワゴン」と「コンパクトカー」の時代に

 2007(平成19)年の新車市場を振り返ってみると、わずか15年間で時代が大きく変わったことがわかります。
 
 新車販売ランキング上位5モデルを2022年現在の順位と比べ、時代の変化について振り返ってみましょう。

2003年登場の3代目「ワゴンR」のモデル末期、2007年2月に追加設定され新たな客層を獲得した「ワゴンRスティングレー」
2003年登場の3代目「ワゴンR」のモデル末期、2007年2月に追加設定され新たな客層を獲得した「ワゴンRスティングレー」

●2007年(1月から12月)新車販売ランキング

—–

・1位:スズキ「ワゴンR」(22万6725台)

・2位:ダイハツ「ムーヴ」(21万425台)

・3位:トヨタ「カローラ」(14万7069台)

・4位:トヨタ「ヴィッツ」(12万1377台)

・5位:ホンダ「フィット」(11万6561台)

—–

 1位のワゴンRは、1993年に初代がデビュー。その後各メーカーへ波及する「軽ハイトワゴン」カテゴリーを普及した立役者です。

 初代ワゴンRは、それまで車高1500mm以下のミニマムなモデルが主流だった軽乗用車に、高さ1650mm級の車高とスクエアな車体を与え、格段に広い室内を確保。

 シンプルなデザインで、これまで軽を敬遠しがちだった男性ユーザー層の取り込みも成功するなど、あらゆる面で軽の世界観を塗り替えたモデルといえます。

 2007年のランキング1位に入ったのは、その後2003年9月に登場した3代目モデルです。

 標準モデルとスポーティな「RR(ダブルアール)」のラインナップに加え、2007年2月に3つめの新型「ワゴンR スティングレー」を追加し、モデル末期ながら販売台数の押し上げに貢献していた頃でした。

 2位のムーヴも、ワゴンR対抗馬として1995年に誕生。2006年10月にプラットフォームからすべてを刷新した4代目が登場し好評を博したことで、2007年の上位へ喰い込んできています。

 一方、5位のフィットは、ホンダの革新的なコンパクトカーで初代モデルが2001年6月に登場するや大ヒットモデルへと躍進を遂げています。

 小型ながらパッケージングを工夫し上位クラスをしのぐミニバンのような広い室内を持ち、それでいてスポーティなフォルムをまとったことで、幅広い層から支持を集める大ヒット作となったのです。

 2007年は、初代もデビューから6年が経過し、同年10月に2代目へとフルモデルチェンジを実施する直前の時期でしたが、モデル末期とは思えないほど安定した売れ行きを誇り、上位にランクインしています。

 ワゴンR、ムーヴ、フィットのいずれも、価格の安さを維持しながらも、実用性の高さを兼ね備えた買い得感をもつことが共通しています。

【画像】「懐かしい!」2007年の新車ランキング上位5モデルを写真で見る(44枚)

24時間ネット購入OKの中古車って?【PR】

画像ギャラリー

ホンダ N-BOX
1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント