トヨタ「“冒険”専用グレード」初公開!? 車上泊&オフロード走行装備を純正装備化! “SUV”や“トラック”に「トレイルハンター」グレード 米で発表

2022年11月1日から米国・ラスベガスで開催された「SEMAショー2022」にて、北米トヨタは、「Associated Accessories Program(AAP)」の発表や13台のカスタムカーを公開しましたが、同時に新グレード「トレイルハンター」の発表もおこなわれています。

トヨタのSUVやピックアップトラックに“冒険グレード”が追加へ

 米国・ラスベガスで2022年11月1日から開催の「SEMAショー2022」にて、トヨタの北米法人(以下、北米トヨタ)は、特定のアフターパーツをクルマの購入プロセスに取り入れる「Associated Accessories Program(以下AAP)」の発表や13台のカスタムカーを公開しました。

 それと同時に、トヨタの新グレード「トレイルハンター」についても発表が行われています。どのようなグレードなのでしょうか。

SEMAショー2022で公開された「トレイルハンターのコンセプト車両」
SEMAショー2022で公開された「トレイルハンターのコンセプト車両」

 SEMAショー2022は、アメリカ・ラスベガスで2022年11月1日から4日まで開催された世界最大級のカスタムカーショーです。

 北米トヨタは、SEMAショー2022のなかで、「GR86」や「GRカローラ」などのスポーツカーや「タンドラ」や「セコイア」といった本格オフロード車のカスタム車両を13台展示しています。

 それと同時に発表されたのが、オフグリッドの探検に憧れるアウトドア愛好家向けの新グレードである「トレイルハンター」です。

 北米トヨタによるとトレイルハンターは、トヨタ純正またはアソシエイテッド・アクセサリー製品を装着したグレードであり、旗艦商品として、トヨタの北米向けSUVやピックアップトラックのラインナップに展開される予定とのこと。

 発表に合わせてSEMAショー2022に展示されたトレイルハンターのコンセプト車両は、トヨタ最大級のピックアップトラック「タンドラ」をベースとして、固有のサスペンションセットアップ、スキッドプレート、ルーフラック、バンパー、照明、冷蔵庫、ルーフテントなどが装備されており、納車されたその日から、冒険の旅に出かけることが可能になっています。

 北米トヨタのマーケティング本部副社長リサ・マテラッツォ氏は、トレイルハンターについて以下のようにコメントしています。

「トレイルハンターは、オーバーランディング(クルマで長距離移動しながら、テントでの寝泊まりやアウトドアを楽しむ旅のスタイル)愛好家のニーズを満たすために、工場から直接出荷されます。

 これらのトラックは、当社のエンジニアリングチームによって自社開発され、トヨタの伝説的な品質、耐久性、信頼性基準を満たすように設計された、最も高性能なOEMオーバーランディングソリューションとなります」

 トレイルハンターグレードの具体的な導入予定日や価格、対象車両は発表されていませんが、ピックアップトラックおよびSUVに導入されるとされているので、北米トヨタが展開する「セコイア」や「タンドラ」、「タコマ」、「4ランナー」、「ハイランダー」や日本でも販売されている「RAV4」にも導入されるかもしれません。

【画像】納車後すぐ冒険へ!トヨタ「トレイルハンターコンセプト車両」とSEMAショー2022に展示された“激アツ”カスタムモデルを画像でみる(102枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー