マツダの人気SUV 新「CX-30」登場! パワーアップ&安全装備充実し2022年秋以降に米で発売

北米マツダは2022年10月18日、クロスオーバーSUV「CX-30」2023年モデルを発表しました。どのように改良されたのでしょうか。

2.5リッターエンジン搭載モデルの出力を向上 安全装備も刷新を図る

 マツダの北米法人は2022年10月18日、クロスオーバーSUV「CX-30」の2023年モデルを発表しました。
 
 2023年モデルのCX-30は2022年秋以降の発売を予定しています。

出力向上と安全装備の刷新を図ったマツダ「CX-30(北米向け2023年モデル)」
出力向上と安全装備の刷新を図ったマツダ「CX-30(北米向け2023年モデル)」

 CX-30は2019年3月の仏ジュネーブショーで初披露。マツダのSUVでは「CX-3」と「CX-5」の中間に位置するモデルです。

 マツダの新世代商品第二弾としてデビューし、他車にも共通するデザインコンセプト「魂動デザイン」を採用。インテリアはブラウン内装やネイビーブルー内装を設定し、SUVの力強さとシックで上質な雰囲気を併せ持っています。

 日本国内向けでは1.8リッターターボディーゼルエンジンと2種類の2リッターガソリンエンジンを用意しています。

 北米では2020年2月から導入。日本仕様とは異なり、2022年モデルから四輪駆動のみの展開です。

 搭載されるエンジンも日本国内向けとは異なり、最大出力186馬力・最大トルク186lb-ftを発揮する2.5リッター直列4気筒エンジンに加え、最大出力250馬力・最大トルク320lb-ftものパワーを発揮する2.5リッター直4ターボエンジン搭載モデルを用意しています。

 今回発表となった2023年モデルでは、「2.5 S」などで設定されている2.5リッター直列4気筒エンジンが5馬力アップし191馬力となりました。

 燃費性能もあわせて向上し、市街地、高速道で1ガロンあたり2マイル(約0.8km/L)の燃費向上となっています。

 また、安全装備もアップデート。IIHS(米国道路安全保険協会)の最新の衝突安全剽悍に適合するために、リアサイドエアバックが追加に。

 そのほかに、リアシートベルトプリテンショナーやB、Cピラーの改良を実施、フロントとリアのドアトリムに衝撃緩和用のパッドが追加されています。

 北米向け2023年モデルのCX-30の価格は2万2950ドル(約345万円)から3万5400ドル(約533万円)となっています。

マツダ・CX-30 のカタログ情報を見る

【画像】コンパクトなのに「上質さ」がイイ! マツダの人気SUV「CX-30」を写真でチェック(27枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー