ターボ復活! 日産新型「エクストレイル」なぜe-POWER×VCターボを搭載? 世界初の機構がスゴかった!

日常でも使える四駆「e-4ORCE」とは?

 新型エクストレイルでは「よりEVに近づける」ことを目標に開発が進められたといいますが、電動駆動4輪制御技術の「e-4ORCE」もそのひとつ。

 エクストレイルはオフロードに遊びに行く用のクルマというよりも、普段使いとたまにオフロードに出かけるというユーザーが多いことから、従来からの「タフギア」という性格を継承しつつ、普通の人が普通の道を運転したときに「いいね」と感じられることに注力したといいます。

日産新型「エクストレイル」に搭載される「e-4FORCE」
日産新型「エクストレイル」に搭載される「e-4FORCE」

 新型はボディ剛性が上がっていることに加え、四輪のモーターが駆動力を上手く制御。

 通常、滑りやすい路面はクルマが滑ってからそれを抑える制御をおこないますが、従来は0.1秒から0.2秒かけないと制御が入らないのに対し、e-4ORCEは1秒間に100回の制御を入れられるので、本当はクルマが滑っているのにそれに気づかず走ることができるというわけです。

「e-4ORCEでは『いざというときの四駆』というイメージを払拭しようと考えました。日常使いで普通のドライバーが普通の道を走るときに挙動を安定させることに四輪駆動を使っています。

 普段オフロードに行かないというユーザーでも、e-4ORCEのエクストレイルを選んでもらったほうが運転しやすく、日常での使いやすさを感じられると思います」(平工氏)

※ ※ ※

 新型エクストレイルの販売が好調で、歴代エクストレイル史上最速かつ、e-POWER搭載車としても最短で1万台を突破。8月31日時点で1万7000台を受注しており、多くのユーザーが新型エクストレイルを待ち望んでいたことがうかがえます。

 そのなかで、駆動方式別の販売比率ではe-4ORCEを選択する人が全体の90%と圧倒的。高性能かつ豪華な新型エクストレイルは、これまでのファンだけでなく、電動車に興味を持つユーザーにも好評を得ているようです。

【画像】黒Vモーショングリルがイカす! タフで上質な日産新型「エクストレイル」写真を見る(35枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

1 2

【2022年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント