中身は「ミライ」!? 豊田自動織機の新型フォークリフト、CO2排出ゼロなのに「価格3割カット」が実現したワケ

豊田自動織機は2022年9月13日、新型の燃料電池フォークリフトを発売しました。

トヨタ「MIRAI」の部品を活用 コストを大幅削減し性能も向上

 トヨタグループの本家である豊田自動織機は2022年9月13日、新型の燃料電池フォークリフト(FCフォークリフト)を発売しました。

CO2ゼロ!トヨタ「MIRAI」と同じ燃料電池セルを使った超エコな新型「FCフォークリフト」
CO2ゼロ!トヨタ「MIRAI」と同じ燃料電池セルを使った超エコな新型「FCフォークリフト」

 FCフォークリフトは「わたしたちが暮らす地球にどこまでもやさしく」をコンセプトとし、2016年に国内販売を始めました。

 FCフォークリフトは燃料電池による駆動で、稼働中のCO2排出がゼロ。水素充填は3分でできる環境性能の高いフォークリフトです。

 今回6年ぶりにモデルチェンジしたFCフォークリフトは、2020年発売のトヨタ「MIRAI」の燃料電池セルを使用。

 セル数を減らしつつ、従来モデルと同等の出力を実現しました。燃料電池セルの劣化を抑える発電制御も採用し、従来モデルと比べて2倍の長寿命化を図っています。

 また、MIRAIとの共用部品を増やすことで部品点数の削減を実現。これにより、従来モデルと比べて、車両価格は30%低減と、システムコストを大幅に下げることができました。AC100Vコンセントも新たに設け、災害時などに便利な外部給電機能を搭載しています。

 価格(消費税込)は1097万8000円です。

※ ※ ※

 燃料電池車両は比較的高価なものが多いものの、政府や自治体の各種補助金制度を活用することで、導入コストを抑えられます。

 公益財団法人北海道環境財団は、「脱炭素社会構築に向けた再エネ等由来水素活用推進事業」の一環として、燃料電池フォークリフトを導入する事業者に経費の一部を補助します。

 また、神奈川県と愛知県も独自に補助金制度を設けており、一律で給付するものや、ガソリンフォークリフトとの差額を補填するものなど自治体により異なります。

【画像】フォークリフトなのに中身が「MIRAI」!? トヨタの燃料電池車「MIRAI」ってどんな車? 写真でチェック(41枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

【2022年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント