スバル新型SUV「クロストレック」世界初公開! 全車電動化&国内初「3眼カメラ」採用で安全強化! 来春発売へ

スバルは新型SUV「クロストレック」を世界初公開しました。同社のクロスオーバーSUV「XV」の後継車となる新型クロストレックとは、どのようなモデルなのでしょうか。

5年ぶり全面刷新で「XV」から車名変更 3代目はスタイリッシュに

 スバルは2022年9月15日、新型「CROSSTREK(クロストレック)」を世界初公開しました。

 クロストレックは、コンパクトなボディやスバル独自のシンメトリカルAWDをベースとした本格的なSUV性能、ラギッドかつスポーティなデザインを組み合わせることにより、都会からアウトドアシーンまで幅広く活用できる多用途性を実現したクロスオーバーSUVです。

「XV」の後継車としてデビューするスバル新型「クロストレック」(日本仕様プロトタイプ)
「XV」の後継車としてデビューするスバル新型「クロストレック」(日本仕様プロトタイプ)

 これまで日本市場では「XV」としてラインナップされていましたが、3代目となる新型では車名をグローバルで使用されているクロストレックに統一。従来型の個性的なデザインをさらに際立たせ、動的質感にもより磨きをかけました。

 車名変更の理由について、新型クロストレックの開発者である株式会社SUBARU 商品企画本部 毛塚紹一郎氏は次のように説明します。

「クロストレックとは『クロスオーバー』と『トレッキング』の造語です。

『アウトドア』をコンセプトとして新型SUV(XVの後継車)の開発を進めるにあたり、重装備のアウトドアではなく、気軽に楽しめる『トレッキング』のような世界観を表現したいということで、これまで海外で使用していたクロストレックという車名に全世界で統一することになりました」

 新型クロストレックの外観は、厚みを感じさせる高いフード位置により逞しさを表現。さらにシャープなフロントグリルバーやLEDヘッドライトにより、軽快かつ精悍なイメージのフロントマスクに仕立てました。

 サイドはクラッディングエリアを拡大して高い走破性を予感させるとともに、ダイナミックなラインや造形を盛り込んだボディにより、頼もしさと躍動感を両立。

 標準グレードは17インチアルミホイール、上級グレードは18インチアルミホイールを装着します。

 リヤビューは、キャビンを絞り込むことでフェンダーの張り出しを強調し、安定感を表現しました。

 日本仕様の新型クロストレックのボディカラーとして、新色の「オフショアブルー・メタリック」と「オアシスブルー」を含む、全9色が設定されます。

 内装は、インストルメントパネルをマルチマテリアルの多層構造とすることで、各素材の風合いを活かした、シンプルでありながら表情豊かなデザインです。

「レヴォーグ」や「WRX S4」などで採用している、大画面の11.6インチセンターインフォメーションディスプレイを新型クロストレックにも採用。

 使い勝手の良さや、先進的ですっきりとしたデザインはそのままに、スマートフォンとの連携機能を大幅に強化し、スマホ感覚でシームレスに扱えるインフォテインメントシステムに進化しました。

 センターコンソール上面の位置を高くして包まれ感と上質感を表現するとともに、操作性も向上。工夫を凝らした収納も充実させ、使い勝手の良さを感じさせるインテリアとしました。

 ドアハンドルは、人体工学に基づいて設計した「インナープルハンドル」により、自然な姿勢で開閉することが可能。

 シートは、上級グレードはファブリック(シルバーステッチ)、標準グレードはトリコット(シルバーステッチ)を採用したほか、メーカーオプションとして本革シートも用意されます。

 新型クロストレックの車内は、従来型と同じくゆとりある室内空間を実現しました。広い室内空間はどのような体格のドライバーでも最適なドライビングポジションを取れるだけでなく、長距離ドライブでも乗員全員が疲れにくく、ゆとりある移動時間を提供します。

 荷室スペースは、従来型同等の大きな荷室開口部と必要十分な荷室容量を確保。6:4分割可倒式リヤシートによって荷室を自在に拡張することで、大きな荷物や長尺物の搭載も可能です。

 さらに、リヤゲート下部のトリムやサイドシルプレートに、山をモチーフとしたテクスチャーを採用。デザイン性や遊び心だけでなく、滑り止めやキズ防止という実用性も兼ね備えています。

 また、サイドシルプレートは形状を最適化。ルーフに荷物を載せたり、洗車時に屋根を拭き上げるために足をかける際の安定性を高めました。

※ ※ ※

 医学的知見を取り入れた骨盤を支えるシート構造の採用により、車体の揺れが頭部に伝わることを防いだほか、シートレールを直接車体に固定する構造に変更してシートその揺れを抑制して快適な乗り心地を実現。

 また、ルーフパネルとブレースの間に、振動の吸収性が高く、制振性に優れた高減衰マスチック(弾性接着剤)を採用することで、ルーフの振動によって発生する騒音の音圧を低減して車内音の収束性がアップし、快適性が向上しました。

【画像】これがスバル新型クロストレックだ! ヘキサゴングリルがイケてるワイルドSUV登場!(51枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

1 2

【2022年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. おー良いじゃん。
    ヘッドライトとリヤコンビランプのデザイン共にフォレスターよりカッコいい。

    • リヤとヘッドライトはいいのに、フロントが酷い