新ライト採用したイケ顔!? トヨタ新「カローラ」予約受注を英で開始 約480万円から

英国向けのトヨタ新型「カローラ」(2023年モデル)の予約が、現地で2022年9月1日より開始されます。

外観デザインの一部変更も

 英国トヨタは、2023年モデルの新型「カローラ」について2022年9月1日より現地で受注を開始すると発表しました。

英国で2023年モデルの予約が開始された「カローラ」(画像は欧州仕様)
英国で2023年モデルの予約が開始された「カローラ」(画像は欧州仕様)

 2023年モデルの新型カローラは、従来同様1.8リッターハイブリッドと2リッターハイブリッドの2種類が設定されますが、いずれもパワーが向上。

 1.8リッターハイブリッドはシステム最高出力が約140馬力に達し、0-100km/h加速タイムが1.7秒短縮された9.2秒になります。2リッターハイブリッドのシステム最高出力は約196馬力で、0-100km/h加速タイムは0.5秒短縮された7.5秒です。

 さらにシステム自体も改良され、駆動用リチウムイオン電池は出力アップと軽量化(最大18kg減)を両立しています。

 外観は、フロントグリルのメッシュパターン、フォグランプベゼル、アルミホイールのデザインを変更。一部グレードには新たに2眼LEDヘッドライトが採用されました。

 新たなボディカラーとして、近くで見ると赤みがかった鮮やかなブルー「ジュニパーブルー」や、ダークシルバーのフレークが加えられたグレー「デクマ・グレー」が追加されています。

 内装は、新しいテーマ「ダーク&ライトハーモニー」に沿って仕上げられて

 先進装備として10.5インチのマルチメディアディスプレイを搭載。購入時に4年間の利用権が付属しており、クラウドナビゲーションやリアルタイムの交通情報などを利用することができます。

 新しい車載音声エージェントを搭載し、声によるマルチメディア操作や窓の開閉などに対応しました。メーターは12.3インチのディスプレイタイプを全車に採用。4つのモード(カジュアル、スマート、スポーツ、タフ)から好みに応じて選択可能です。

 カローラは、イギリス向けにセダンは設定されず、ハッチバックとステーションワゴン(現地名:カローラツーリングスポーツ)を用意。

「Icon」「Design」「GR Sport」「Excel」の4グレードが両ボディタイプそれぞれに展開されます。価格は2万9610ポンド(約478万円)からです。

トヨタ・カローラ のカタログ情報を見る

【画像】新「カローラ」2023年モデルが登場! その姿とは? 画像で見る(50枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

【2022年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント