給油時「ノズルは奥まで」は間違い?ガソリンの正しい入れ方とは “差し込み方”で吹きこぼれのケースも

ガソリンを自分のクルマで給油する際、ノズルを給油口に何気なく入れて給油している人も多いでしょう。しかし給油は、ノズルの「差し込み方」によって危険な吹きこぼれが発生するケースもあるといいます。

「ノズルは奥まで」は間違い?

 ガソリンスタンドは、フルサービスとセルフ式があります。
 
 セルフ式は24時間営業が多いことから、利用しているというユーザーも多いかもしれません。
 
 しかし自身で給油することから、トラブルも起きているといいます。

給油時「ノズルを奥まで」は間違い?(画像はイメージ)
給油時「ノズルを奥まで」は間違い?(画像はイメージ)

 給油は特別難しい操作はなく、給油ノズルをクルマの給油口に差し込み、レバーを引いて、指定した量になると自動で給油がストップする仕組みとなっています。

 このようにセルフ式給油は、簡単な操作であることからドライバーは当たり前にできるという人も多いと思いますが、多くの場合セルフ式給油をする際の説明書きには「ノズルを奥まで差し込んで給油する」と書かれていることがあります。

 しかし、この給油ノズルの入れ方に関して、車種によってはガソリンが吹きこぼれてしまうケースがあるといいます。

 石油連盟や日本ガソリン計 量機工業会など計4団体が2006年におこなった「ガソリン吹きこぼれに関する実態調査」によると、調査したセルフ式ガソリンスタンドの95.5%で、過去1年間に吹きこぼれがあったことが分かっています。

 吹きこぼれの推定原因(複数回答)としては、「給油方法、注意事項についての周知不足」(97.6%)が最も多く、次に「給油ノズルと自動車の燃料タンクや給油口の形状等との関係」(79.5%)が続きます。

 そしてこの「給油ノズルと自動車の燃料タンクや給油口の形状等との関係」とした回答のうち、最も多かったのは、「オートストッパーが頻繁に作動した」(複数回答で61.6%)でした。

 こうした状況を受け、消防庁ほか関係団体は、2006年11月に給油ノズルとクルマの給油管の差し込み状況に関する調査を実施。

 協力の得られた日産車、三菱車計19台の給油口に各種給油ノズルを差し込み、どこまで差し込めるか、また容易に差し込めるかどうかを確認しています。

 給油ノズルは、バネとホースとメーカーが違う7種類を用意。車種もコンパクトカーからミニバンまでさまざまなモデルをそろえました。

 結果、ノズルを差し込める深さは、大きく分けて「深い」「やや深い」「中間」「中間(バネ)」「やや浅い」「浅い」の6段階がありました。

 このように車種や給油ノズルの種類などによって一概にはいえませんが、ノズルを奥まで差し込むことが常に正しいとはいえないと考えられます。

 調査資料では、このような検証結果を踏まえて以下のような対策が提案されています。

(1)給油ノズルを止まるところまで確実に差し込む
(2)給油ノズルのレバーを止まるところまで確実に引く
(3)自動的に給油が止まったらそれ以上の給油はしない
(4)給油後は給油ノズルを確実に元の位置に戻す

※ ※ ※

 SNSなどでは、給油の方法について、「クルマによっては比較的早い段階でオートストップがかかっちゃうことがある 」「私の場合ノズルを奥まで入れると給油できないので少し浮かせて給油しています」などの意見も見られます。

 多くの場合、給油ノズルを奥まで差し込むことが推奨されていますが、クルマによってはオートストップが作動しないトラブルや、ガソリンの吹きこぼれが発生してしまうケースもあるといえます。

 ガソリンは気温がマイナス40℃でも気化し、小さな火源でも爆発的に燃焼する性質があり、思わぬ火源によって引火してしまう危険性があります。

 このため、給油時には吹きこぼれのないよう十分な注意を払う必要があるといえるでしょう。

【画像】トヨタの人気SUV「RAV4」の燃料パイプってこうなってるの!? 画像で確認する(17枚)

マツダ、HKS 無料セミナー「お得バナシ」はココを見て! 参加者全員 Amazonギフト券プレゼント!!

画像ギャラリー

【2023年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

7件のコメント

  1. 結局、「間違い」では無いのね。
    タイトルを不安を煽る様なものにするのは、やめた方がいいと思います。
    どういった場合が「奥まで差し込まない方がいい」のか書かれているわけでもなし。
    写真もほとんど本文に関係ないし。

  2. やたらと感度の強いノズルだと、置くまで突っ込んで握った途端に止まる所もあるので、少し引いて半握りで給油したこともありますね。給油機のガンの感度って概ね同じものだと思っていたけど、絶対に吹きこぼれないガンもあれば、止まらずにドバっと溢れる所もあってびっくりすることも。
    結局は、その状況に応じてやるしかないです。ガソリンスタンドが少ない超僻地を長距離移動しているときは、結構キャプギリギリまで入れる方なので。

    • 2006年のデータを2022年に記事にするってみんな旧車に乗ってると思ってるの?

  3. ディーゼル車で軽油なのだが、時折燃料が発泡してろくに給油していないのに止まる。こうなると何回も握りなおす事になる。
    大抵は燃料計と走行距離を元に給油量を想定してその辺り迄給油する。
    何も無い時は、オートストップから2回程握りなおしている。2リットル位は入るので。
    吹きこぼれは、大概はエア抜きからの物ですね。これを吸ってオートストップ作動する事もあるので。これはガソリン車でも同じです。
    もう一台のガソリン車が3分の2位を過ぎると偶におきますので。

  4. まあ、車だって無理やり燃料入れられたら嫌がるだろ
    少しは車の気持ちになって考えろよ

  5. サンプル車が日産と三菱だけ? 2006年のdata?給油ノズルも15年以上昔の話?

  6. この類の記事は何度も見ているが、
    ネタ切れなんすかね。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー