横に長すぎる!! メルセデスが新型「EQE SUV」の内装公開! スクリーンとタービンが映える「ハイパーアナログ」な車内とは

メルセデス・ベンツが新型ミドルクラスSUV「EQE SUV」のインテリア画像を先行公開。「ハイパーアナログ」な内装はどのような特徴があるのでしょうか。

10月にワールドプレミア

 メルセデス・ベンツは2022年8月16日、ミドルクラスSUV「EQE SUV」のインテリア画像を先行公開しました。

メルセデス・ベンツ新型「EQE SUV」のインテリア
メルセデス・ベンツ新型「EQE SUV」のインテリア

[i]220__01.jpg,(画像:)
 EQE SUVは、メルセデスの電気自動車(EV)「EQファミリー」におけるEクラスバージョン「EQE」をベースにした、EセグメントモデルのSUVです。

「ハイパーアナログ」がコンセプトということですが、今回先行発表された内装で特徴的なのが、「EQS」や「EQS SUV」でも導入されている「MBUXハイパースクリーン」(オプション)です。

 運転席から助手席まで横幅いっぱいに広がるこのスクリーンは、メーターディスプレイ、センターディスプレイ、助手席前ディスプレイが1枚のガラスカバーで覆われています。

 一方で両端のアウターベント(吹き出し口)はタービンをモチーフにしており、ハイテクなスクリーンとのコントラストを通じて、ハイパーアナログというテーマを意図的に演出しています。

 センターコンソールのフロント部分は、インストルメントパネルと一体化し、空間に自立。コックピットからのベントバンドは、フロントドアにも視覚的に連続しています。

 ドア・オープナーとシート・コントロールが統合されたフローティング・コントロール・クラスターは、かつての純粋な装飾的要素の機能的解釈を引き継いでいます。

 ハイブリッドトリムは、木の温もりと本物のアルミニウムの技術的な冷たさを融合させたものです。一方、アンスラサイトの3Dレリーフルック仕上げのトリムは、微細な金属顔料を使用しています。また、レーザーカットされたトリムエレメントには、メルセデス・ベンツのパターンがバックライトで照らされ、特別な雰囲気を演出しています。

 EQE SUVは、10月16日に正式なワールドプレミアを迎える予定です。

【画像】近未来だけどアナログ!? メルセデス・ベンツ「EQE SUV」の内装を画像でチェック(30枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

【2022年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント