ホンダの新型SUVが「オシャすぎる!」 今秋発売の新型「ZR-V」をトヨタ「カローラクロス」と比較

ホンダは、2022年秋に発売予定の新型SUV「ZR-V」を公式サイトで先行公開しています。ライバルと目されるのはトヨタのコンパクトSUV「カローラクロス」。早くも激戦が予想されるホンダとトヨタの2モデルを比較します。

ライバル関係ながら各部が対照的な「ZR-V」と「カローラクロス」

 ホンダは2022年7月、新型SUV「ZR-V」を先行公開しました。ライバルの最有力候補と目されるのは、トヨタのコンパクトSUV「カローラクロス」です。
 
 内外装デザインや現在公開されているスペックなどを通じて、激戦が予想される2モデルを比較します。

(上)ホンダ 新型SUV「ZR-V」[2022年秋発売予定]/(下)トヨタ「カローラクロス」
(上)ホンダ 新型SUV「ZR-V」[2022年秋発売予定]/(下)トヨタ「カローラクロス」

 新型ZR-Vは、まだ先行公開が始まったばかりで、限られた内外装写真や仕様などが明らかにされているのみという状態です。

 ただし一部デザインを変更し販売される兄弟車ともいえる新型「HR-V」(2023年モデル)が、北米で発売を開始していて、ボディサイズや内外装デザインの詳細なども公開されています。

 新型HR-Vの情報と併せて、カローラクロスと比較してみましょう。

 まずはクルマのボディサイズから。

 新型ZR-Vはまだ正式なスペックが公開されていないため、北米仕様(HR-V)のボディサイズを紹介すると、全長179.8インチ(約4567mm)×全幅72.4インチ(約1839mm)×全高63.4インチ(約1610mm)から63.8インチ(約1620mm)、ホイールベース104.5インチ(約2654mm)となっています。

 対するカローラクロスのボディサイズは、全長4490mm×全幅1825mm×1620mm、ホイールベース2640mm。比べてみると、少しずつZR-Vが大きいものの、ほぼ誤差の範囲といったところです。

 ちなみにホンダでは新型ZR-V(HR-V)について、コンパクトSUV「ヴェゼル」(全長4330mm×全幅1790mm×1590mm)と、サイズ拡大が進んだミディアムSUV「CR-V」(全長4605mm×全幅1855mm×1680mm)の間を埋める新たなポジションだとしています。

 外観デザインをフロントまわりからみてみましょう。

 フロントグリルの豪華さや迫力の面で、新型ZR-Vが強い個性を放っているのが特徴です。横長なヘッドライトと低い位置で縦方向に区切られたフロントグリルの組み合わせによる個性的なデザインとなっています。

 対するカローラクロスは、フロントマスクにセダンやワゴン(ツーリング)、ハッチバック(スポーツ)などカローラファミリーとの共通性を与えつつ、SUVらしい力強さが加えられたスマートなデザインといえます。

 ボディサイドは、ボリューム感があり、かつ流麗なフォルムのZR-Vに対し、直線基調で、室内の広さを外から感じさせるスクエアなキャビンスペースが目立つカローラクロス、という違いがあります。

 実際、カローラクロスはほかのカローラシリーズよりも室内や荷室が広くとられており、実用性の高さを特徴としています。

 ZR-Vについては、後席の着座位置を低めに設定することで、流麗なフォルムやルーフラインと、室内空間を兼ね備えた設計となっている模様です。

 このように、同じカテゴリーのライバル関係にあるZR-Vとカローラクロスですが、外観デザインに関しては対照的な造りとなっているようです。

【画像】「内外装とも“オシャ”なSUV!」2022年秋発売予定のホンダ 新型「ZR-V」を写真で見る(60枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

1 2

【2022年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント

6件のコメント

  1. 誤字が酷い

  2. TOYOTAは売るのが上手い
    車がいいのか?と言うとそうでもない
    「今までなぜトヨタに乗ってたんだろう」と言う他社に移ったユーザーが増えてきましたね

  3. クソ分かりづらい記事
    特にサイズのところ
    アタマ悪すぎ、即クビにするべき

  4. 昨日(8/20)と今日、東京駅に展示されてるみたいだけど、それに触れずに「限られた内外装写真や仕様などが明らかにされているのみ」は無いんじゃない?
    それを知らされてないという事は、ひょっとして自動車メディアとして認知されてないのかもね。

  5. おしゃれの意味がよくわからない。

  6. BMWかよ!って感じた