スバル新型SUV「ソルテラ」にSTI仕様登場? STIはやっぱりブルーであるべき? 金ホイールでよりスポーティになったレンダリングが話題に

新型ソルテラは、スバルが初めてグローバルで展開するBEV(バッテリーEV)。2021年11月11日に世界初公開されたこのクルマですが2022年の東京オートサロンではSTI仕様のコンセプトがデビューしました。今回SRK Designsはソルテラを独自のセンスでSTI仕様に変えたレンダリングを作成、公開しました。

これぞSTIなソルテラ? WRブルーパールのソルテラ

 スバルが初めてグローバルで展開するBEV(バッテリーEV)「ソルテラ」。2021年11月11日に世界初公開され、2022年の東京オートサロンではSTI仕様のコンセプトがデビューしました。

 インドのデザイナー「SRK Designs」は、独自の解釈でソルテラをSTI仕様に変えた「2021 Subaru Solterra STi」のレンダリングを作成し投稿、話題を呼んでいます。

SRK Designsが独自のセンスでSTI仕様に変えたスバル「ソルテラ」のレンダリング(photo:SRK Designs)
SRK Designsが独自のセンスでSTI仕様に変えたスバル「ソルテラ」のレンダリング(photo:SRK Designs)

 SRK Designsは、トヨタ「シエナ」のレクサス仕様やトヨタ「300系ランドクルーザー」のドバイ警察仕様など、現実にはまだ存在しないような、あらゆる「もしかしたら」なクルマのレンダリングを作成し自身のSNSに投稿しています。

 ソルテラは、BEV専用プラットフォーム「e-Subaru Global Platform」をもちいた、同社初のグローバル市場向けEV。操縦安定性が高く、ドライバーのステアリング操作に対してリニアに反応する、スバルらしい動的質感の高い走りを実現しています。

 一方でスバルと同社のモータースポーツ統括会社であるスバルテクニカインターナショナル(STI)が、東京オートサロン2022に出展したソルテラ STIコンセプトは、チェリーレッドの各種アンダースポイラーやルーフエンドスポイラーなどを装着したSTI仕様のコンセプトモデル。2022年8月現在まで、本モデルの市販車は公開されていません。

 まだ市場に登場していない、ソルテラ STIですが、今回SRK Designsは独自の解釈でソルテラをSTI仕様に変えた「2021 Subaru Solterra STi」のレンダリングを公開しています。

 東京オートサロンで公開されたソルテラ STIコンセプトがブルー・グレーのような「ハーバーミストグレーパール」の外装色に加え、フェンダー部分は樹脂製のパーツだったのに対し、2021 Subaru Solterra STiの車体全体はスバルを象徴する「WRブルー・パール」に塗られています。

 フロント・サイド・リアにアンダースポイラーが追加され、ゴールドのホイールが採用されました。

 SRK Designsの製作したレンダリングは、もちろんメーカー非公認の妄想デザインですが、細部までしっかりと描かれており、その本気度が伝わってきます。

スバル・ソルテラ のカタログ情報を見る

【画像】これこそスバル「ソルテラSTI」? 王道的予想レンダリングの画像を見る(39枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー