「ドキドキした」超過激な仕様のホンダ新型「インテグラ」カスタム車を中国でお披露目!? 「カッコ良すぎ」と反響

中国のSNS上に、「広汽ホンダ」が「インテグラ」カスタム仕様の画像をアップしました。ダイナミックなビジュアルに反響が寄せられています。

過激にカスタムされた「インテグラ」登場!?

 ホンダの中国における合弁企業「広汽ホンダ」は、公式SNSアカウント(Weibo)にカスタム仕様の「インテグラ」の画像をアップ。ユーザーからも反響が寄せられています。

「広汽ホンダ」が公式SNSアカウントにアップしたカスタム仕様の「インテグラ」
「広汽ホンダ」が公式SNSアカウントにアップしたカスタム仕様の「インテグラ」

 広汽ホンダが中国で取り扱うインテグラは、11代目「シビック」(セダン)の姉妹車にあたるモデルです。

 ホンダは中国市場における別の合弁会社として「東風ホンダ」も展開しますが、東風ホンダが中国仕様のシビックを取り扱うのに対し、広汽ホンダがインテグラを取り扱うというかたちで、住み分けが図られています。

 そんななか、広汽ホンダがSNS上に画像をアップしたカスタム仕様のインテグラは、ヘッドライトがイエローになっているほかフェンダーの迫力もさらに強調されています。

 ボディ後端からはみ出した大型リアウイングの存在感も相まって、本格的なスポーツ走行を予感させる仕上がりといえるでしょう。

 SNS上では、ファンから「このカスタムはカッコ良すぎる!」「ダイナミックかつ情熱的なビジュアルにドキドキ」「とても魅力的に見えます」などのコメントが寄せられています。

【画像】「ドキドキした」反響も!? 過激カスタム仕様のホンダ新型「インテグラ」が超カッコいい! 画像で見る(39枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

頭金0円で新車に!? トヨタのサブスクを徹底解説

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. クイントインテグラのときからGS→XSi→TypeR(DB8)と三代乗り継いできて、今現在もDB8を乗り続けている者です。DC5が発表になったときは、ワクワクしたのを覚えていますが、この代でインテグラが生産終了と報道されたときはとてもショックでした。そしてこの度の復活の話。相当期待していました。ところが………。ハッキリ言って全くの期待はずれ。インテグラってこいいう方向性の車だったっけ?もしこのあと日本版のインテグラが開発されるのであれば、ぜい肉のないあまりコテコテしてないライトウエイトかつスポーティーな一台を作って欲しいです。あまりにもカッコ悪すぎ。インテグラって名前は付けないで欲しかった。そう感じているのは私だけでしょうか?