新型「フェアレディZ」にNISMO仕様登場? ド迫力エアロの極速顔レンダリングがスゴイ

2022年1月のオートサロンで初公開された新型日産「フェアレディZ」。14年ぶりのフルモデルチェンジとなったこのクルマですが、今回Siim Parn氏はNISMO仕様を予測しレンダリングを作成、公開しました。

ド派手なエアロがカッコイイ!フェアレディZ NISMOの大胆予測レンダリング

 2021年8月に北米仕様が世界初公開された日産新型「フェアレディZ」。2022年1月には日本仕様も公開されました。

 そんな新型フェアレディZのNISMO仕様を、クルマのボディキットデザイナーであるSiim Parn氏は大胆予想、レンダリングを作成し投稿、話題を呼んでいます。

Siim Parn氏が予測した日産「フェアレディZ NISMO」(photo:7designhouse)
Siim Parn氏が予測した日産「フェアレディZ NISMO」(photo:7designhouse)

 Siim Parn氏は、ランボルギーニ「アベンタドール」のディアブロ仕様や次期型のマツダ「RX-7」など現実では起こりえない、あらゆる「もしかしたら」なクルマのレンダリングを作成し自身のSNSに投稿一方で、自身がデザインしたマセラティ「MC20」のボディキット「ARIA」を販売しています。

 新型フェアレディZは、市販モデルの7代目となるモデル。14年ぶりのモデルチェンジとなり、話題となりました。

 一方でNISMOは、過酷なモータースポーツで培った経験と技術を注ぎ込んだ日産のパフォーマンスモデルで、これまでに「GT-R」やフェアレディZのようなスポーツモデルだけでなく、「セレナ」や「ノート」、「リーフ」などさまざまなモデルで展開しています。

 新型フェアレディZにおいて、NISMOモデルの発表はありませんが、「新型フェアレディのNISMO仕様に興味はありますか?」というアンケートに、91.8%が「興味がある」と回答(編集部調べ)しており、その注目度の高さが伺えます。今回Siim Parn氏はそんなフェアレディZ NISMOを大胆予想し、レンダリングを作成・公開しています。

 全体感は、NISMOらしいホワイトのボディに、フロントバンパー・サイドスカート・リアバンパーをブラックとレッドのエアロパーツに換装されています。

 フロントフェイスでは、グリルに大型のダクトが開けられている他、バンパー上部右側にもインテークが設けられており、レーシングカーのような印象を受けます。

 リアには巨大なウイングとデフューザー装備、マフラーも4本出しのものに変更されています。

 ホイールにはGT-R NISMOのものと同じデザインのブラックのホイールが採用しています。

 このクルマについてSNSでは「とてもリアルなデザイン!」「大好き!」といた声が集まっています(編集部訳)。

 Siim Parn氏の製作したレンダリングは、もちろんメーカー非公認の妄想デザインですが、しっかりと描かれており、その本気度が伝わってきます。

日産・フェアレディZ のカタログ情報を見る

【画像】ド派手なエアロに4本出しマフラーがカッコイイ!大胆予想のレンダリング画像を見る(37枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

頭金0円で新車に!? トヨタのサブスクを徹底解説

最新記事

コメント

4件のコメント

  1. 実車ならまだしも、単なるCGのネタで盛り上がるのかね?

  2. 〝レンダリング〟ネタ飽きた…。
    『本物のスクープ』お願いします🙏

  3. いつでもニスモ、話題になるのは良いことだけど、実車はいつ登場するのかな?

  4. slim pam氏って誰だよ?素人のいたずら書きになんの価値があるんだ?