自動ブレーキ、約半数が誤解 クルマの「先進技術」はかえって危険?

秀逸だったスバルの「ぶつからないクルマ?」、しかし…

 自分の愛車の「自動ブレーキ」がどのような条件で作動するかを知っていないと、「止まるはずが当たった」という事故にあいかねません。また、「自動で止まるのだから、少々無理してもいい」「自動なんだから、半分ウトウトしてても大丈夫」「自動ブレーキがあるからよそ見しててもいい」などと思う人がいるかもしれません。そうなれば「『自動ブレーキ』の存在自体が危険」という意見も出てしまうでしょう。

 新しい技術が生まれ、それが普及していくときに重要なのは、やはり一般への啓蒙ではないでしょうか。

「自動ブレーキ」を誰も知らない状況であれば、インパクト重視もありだと私(鈴木ケンイチ:モータージャーナリスト)は思います。「ぶつからないクルマ?」というスバルのCMキャッチコピーは秀逸でした。ものすごいスピードで「自動ブレーキ」を日本に普及させたのですから。しかしいまとなっては、「?」が入れられ「絶対ではない」と同社が注意喚起しているとはいえ、その弊害も心配になってきました。またもしかすると、世の中の「自動運転の実現は近い」という報道も“勘違い”を増長させている部分があるかもしれません。

 ある意味「自動ブレーキ」はいま、最初の“踊り場”に着いたのではないでしょうか。認知度を高めて、ニーズを掘り起こすステップはクリアしました。次は、より深い理解をうながすプロモーションをどのように行うのか、そんな時期にきたのではと思います。ただし、どんなキャッチコピーにするかは、その道のプロにお任せしたいと思いますけれど……。

【了】
提供:乗りものニュース

1 2 3

この記事の写真一覧

最新記事