ロシア向け中古車輸出は減ってない! むしろ盛況!? 経済制裁は「影響なし」の驚くべき実態とは

ロシアがウクライナに侵攻したことにより、日本も含めて世界各国がロシアに経済制裁を課しています。しかしそんななか、日本からロシアへの中古車輸出はむしろ増えているようです。

経済制裁でロシアへの中古車輸出はどうなった?

 日本の企業も出資している天然ガスプラント「サハリン2」がロシアに取られそうになっている。

 すでに日本の自動車メーカーもロシアの工場を閉めるなど、急激に経済関係は疎遠になりつつあると思って良いだろう。

ロシアへの中古車輸出の現状は?
ロシアへの中古車輸出の現状は?

 そんな日露関係を受け、2022年4月上旬に全国紙などの大手メディアが「ロシア向け中古車輸出、9割減に悲鳴の事業者も。日本の中古車相場も下落」などと報じた。

 多くの人は信じたと思うし、その後、訂正記事も出していない。しかし、実際に輸出された台数を見るとどうか。

 ウクライナ侵攻が始まった2022年2月は1万4808台。このときは好調だったとしても不思議じゃない(2021年の月間平均は1万3520台)。

 侵攻が始まり、自動車メーカーの撤退などが話題になっていた3月は1万1477台で、少し減った。ちなみに4月上旬の新聞記事は9割減と伝えています。

 ウクライナ侵攻が始まったのは2月24日でした。4月上旬の記事なら、2月の数字だと古く3月の数字と思うのだけれど、1万1477台なら通常の変動レベル。どんな情報を見て「9割減」と報じたのだろうか。

 しかもロシアへの中古車輸出が大幅に減少し、日本の中古車相場は下がったと報じるメディアはけっこうな数だったのだ(今でも検索可能)。

 その後、ロシアへの輸出はどうなったか。

 4月の中古車輸出台数は1万1208台。依然としてロシアが日本にとって一番のお得意さんとなっている。

 4月といえばウクライナへの無差別攻撃も始まり、世界中から厳しく非難され始めた時期。そんななかでも日本の港からロシアへ輸出される中古車は通常業務だったということ。

 大手新聞社が伝えた「ロシアへの中古車輸出激減」とはまったく違う状況のまんまです。

【画像】ロシア最強!? 大統領府専用のリムジンが豪華すぎ! 化石みたいなロシア車「ワズ」とは?(19枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

1 2

【2022年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント

鷲羽 へ返信する コメントをキャンセル

6件のコメント

  1. 国光さん、FOBが完全に間違えてます。FOBは本船渡価格、つまり本体価格のみです。船賃+保険料は含まれません。本体価格+船賃+保険料はCIFです。

  2. FOBはEXFACTORY(略してEXW)と港迄の輸送費(インランドチャージ)を合算した金額。もっと具体的に言えば船の欄干迄の費用。
    実際の契約は多少違うかも知れないがそれによって用語は変わってくる。インコタームズ
    参照してね。
    正直こんな貿易の基礎すら知らない人が貿易を語るなんて。
    記事自体の信憑性も疑わしくなる。

  3. 今の車は電子部品の塊みたいなものだから、ロシアに輸出すると電子機器は武器に転用される可能性もあるので輸出禁止にして頂きたいものだ。

  4. >FOB(車両価格)は今までより30%程度も上がっている。

    訂正しても未だ間違えてる。渡辺さんて言う人の本体価格をそのままなぞったのだろうが恐らくケアレスミス。氏は本船渡価格と書いてるでしょ。通販で送料込みで何か買ったとしましょ。これが貴方が最初間違えたCIF又はCFR(保険無し)。要するに元払いで送って貰った。FOBは通販で例えれば着払い。宅配の荷受所迄持っていく為の足代まで商品代金に上乗せするよってのが FOB。本体価格だけならEXW。つまり工場出し価格。通販で言えば店頭迄取りに来いってのが本体価格になる。通常EXWでは契約しない。相手国の物流手配なんて面倒だから。売主もそれを嫌う。何故なら本体価格だけでは薄利だから。インランドでも当然利ざやを稼ぐ。CIFならもっと儲かるが本体価格が見えなくなるのでFOB契約にする。貴方の30%云々は結局本体価格けなのかがサッパリわからないんですよ。
    摘まみ食い的に色んな分野を解説するのも結構だが餅は餅屋に徹した方がいいですよ。
    専門家が見れば多分大笑いしてるだろうから。少なくとも私の分野の人達とは笑ってます。貿易、通関関連の話では。

  5. >関係筋に聞いてみると、今のところ何の制約も掛かっていないという。
    >日本政府も制限を掛けていないのかもしれない。
    だいぶ読者に事実誤認をさせる書き方ですね。

    日本政府はロシア向けの輸出に禁止措置を続々と出しています。2022/4/5からは輸出禁止品目に乗用車が含まれています。それを知らずに記事を書いていては問題だし、法改正を知っていてこのような書き方をしているなら、かなり悪意があります。
    中古車の種類や金額によりますが、日本政府が状況車の輸出にまったく制限をかけていないなんてウソは書かないで下さい。

    • 状況車ではなく、乗用車ですね。

      貿易にたずさわっており、今回のロシア向け輸出規制で右往左往している会社の勤め人としては、こういう記事でも載るんだな、と笑える記事です。
      他の人も言っていますが、インコタームズの誤認とか。