世界初公開されたレクサス「高級SUV」はナニがスゴいの? 新型RXに設定される究極「Fスポーツ」に驚愕するワケ

レクサスには、ほとんどのモデルにスポーティ仕様となる「Fスポーツ」が設定されています。2022年6月に世界初公開された新型「RX」にも設定されていますが、新型RXではその上をいく「Fスポーツ パフォーマンス」も新設定されます。どのような仕様なのでしょうか。

大径21インチタイヤを華麗に履きこなす!? レクサス新型「RX」を象徴する“Fスポ”とは

 2022年6月1日、レクサスは主力の高級SUV「RX」の5代目モデルを世界初公開しました。
 
 走りの性能を向上させるとともに、そのハイパフォーマンスをデザインにも反映した新型RXには、象徴的モデル「Fスポーツ」と、更なる高性能版「Fスポーツ パフォーマンス」が新設定されます。

レクサス新型「RX500h Fスポーツ パフォーマンス」
レクサス新型「RX500h Fスポーツ パフォーマンス」

 レクサスの主力SUVの新型「RX」は、初代の発売以来世界累計で350万台を販売した、レクサスブランドをけん引する人気モデルです。

 先代型同様、新型RXにも「Fスポーツ」が設定されます。

“F”シリーズにはいくつかのラインナップがあります。最高峰に500台限定のスーパースポーツカー「LFA」、ハイパフォーマンスモデル「F」(RC F)、そして「Fスポーツ」は「ラグジュアリーパフォーマンス」という位置付けがなされています。

 新型RXでは、フルモデルチェンジにより大幅に向上した走行性能を、外観のデザインでも表現するとしていますが、Fスポーツはそうした走りのコンセプトを象徴するべく、ワイド&ローな外観姿勢を強調します。

 空力にも配慮した専用フロントバンパーや、21インチの専用大径ホイール、対向6ピストンブレーキキャリパーなどを採用しました。

 新デザイン言語「スピンドルボディ」に基づき、フロント形状と一体化してデザインされたグリル部には専用メッシュパターンを与え、独自性も高めています。

※ ※ ※

 そしてレクサスは新型RXで、更なる攻めの姿勢を示します。

 Fスポーツにもうひとつ上のRX500h「Fスポーツ パフォーマンス」を新設定すると発表したのです。

 新型RX Fスポーツ パフォーマンスの大きな特徴は「Dynamic Rear Steering(ダイナミックリアステアリング:DRS)」の新採用にあります。

 車速に応じ、後輪を前輪と逆相/同相へ最大4度転舵させるというものです。

 低速時にはコーナリング時の旋回性や取り回しの良さを、高速域では高い車両安定性をそれぞれ実現させるとレクサスでは説明します。

 タイヤもFスポーツ パフォーマンス専用品を設定し、ハンドリング性能も向上させます。

 新開発の四輪駆動力システム「DIRECT4」や、後輪に高出力モーター「eAxle」を搭載する新開発2.4リッターターボハイブリッドとの組み合わせで、走る楽しさを追求します。

 外観上でも、車体下部をボディ同色にし、窓まわりにはブラックステンレスのウィンドウモールを配置するなど、特別感を演出しています。

 2022年6月現在、エンジンやモーターといったパワートレインの性能に関する詳細な発表はされていませんが、Fスポーツ パフォーマンスの走行性能は、通常モデルと比べて大幅な向上が見込まれます。

 公道での性能比較が楽しみな1台です。

レクサス・RX のカタログ情報を見る

【画像】「見た目からして違う!」レクサス新型「RX」の特別なモデル“Fスポーツ”を写真で見る(22枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. どうなのでしょうか。
    安っぽい4気筒だけになって、これだったらわたしのプレオプラスで十分です。