日産「新型HVミニバン」進化!? オラ顔の新「セレナ S-ハイブリッド」発表! 約459万円から 新顔をマレーシアで採用

マレーシア市場で、日産「セレナ S-ハイブリッド」が改良を受けることになりました。日本の現行ハイウェイスター系グレードと同等のフロントフェイスが採用されています。

迫力ある大型フロントグリルを採用

 2022年6月13日、マレーシアで日産車の生産・販売を手掛けるエダラン・タンチョン・モーター(ETCM)は、新型MPV(日本でいうミニバン)の「セレナ S-ハイブリッド」改良モデルを現地で近日発売すると発表しました。7月上旬に詳細な情報が公開され、7月中に納車が開始される予定です。

マレーシアで改良を受ける日産「セレナ S-ハイブリッド」
マレーシアで改良を受ける日産「セレナ S-ハイブリッド」

 ETCMによると、セレナ S-ハイブリッドはマレーシアで初めて生産されたハイブリッド車で、かつ現在もマレーシア国内で生産されるMPVとしては唯一のハイブリッド車であるということです。

 今回、マレーシア仕様の新型セレナ S-ハイブリッドは、フェイスリフトを実施。日本仕様の現行ハイウェイスター系グレードに準じたクロームの大型フロントグリルが与えられ、存在感を放ちます。

 2列目シートがキャプテンシート仕様の7人乗りで、1列目/2列目シートには快適な座り心地を実現するゼログラビティシートを採用しました。

 搭載されるパワーユニットは、2リッターガソリンエンジンに駆動用モーターを組み合わせたハイブリッドシステムで、モーターが発進時にアシストすることでエンジンの負荷を軽減します。

 衝突被害軽減ブレーキを含む5つの予防安全装備が搭載されるほか、アラウンドビューモニターも標準装備されます。

 マレーシア仕様の新型セレナ S-ハイブリッドは、「ハイウェイスター」「プレミアムハイウェイスターパッケージ」の2グレードを設定。

 価格は15万リンギットから16万5000リンギット(約459万円から約505万円)に設定されます。

日産・セレナ のカタログ情報を見る

【画像】オラ顔ミニバンに刷新!? 日産新型「セレナ S-ハイブリッド」の姿とは? 実車などを画像で見る(22枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント